生田神社は由緒ある古社だが三宮繁華街に隣接している
 
[営業情報]
休業日
無休
開門時間
7:00~18:00
4/29-8/31~18:30
10/1-2末~17:00
拝観料
無料
祈祷料
個人初穂料 10000円
法人初穂料 30000円~
無料割引優待
リンク
 
 
情報カレンダー
8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[年中行事・ピックアップイベント]
       
・例年4/15生田祭(春祭、例祭)
・神幸式(神輿おわたり、例祭の近日、2018年は4/14)
・例年7/15夏越大祓式(茅の輪くぐり)・千燈祭
・例年8/3-5大海夏祭(大海神社祭):ライブなど賑やかな夏祭り
・例年9/20秋季大祭
・例年9/19-23秋祭神賑行事(薪能・雅楽の夕べなど)
・例年12/31師走大祓式、除夜祭
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR:三ノ宮(徒歩10分) 阪急・阪神:神戸三宮(徒歩10分) 神戸市営地下鉄:三宮(徒歩10分)
駐車場
70台
住所
兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
TEL
078-321-3851 078-391-8765(生田神社会館)
地図
[コメント]
・生田神社(いくたじんじゃ)は、三宮にある古社。神戸市最大の繁華街・三宮の地名は、生田神社の三宮に由来する。生田神社の周囲には一宮から八宮までの生田裔神八社(摂社)が点在する。三宮神社は、大丸神戸店の近く、生田神社の南500mの地点にある。
・創建は古く、神功皇后(応神天皇の母)が新羅征伐の帰途に生田に女神(稚日女尊 わかひろめのみこと)を祀ったと日本書紀に記されている。
・生田神社は当初、布引山(新神戸駅の裏山)に祀られていた。799年の洪水で布引山が崩れそうになったため、現在地に移転した。
・古代の神社の荘園を神戸(カンベ)と言い、生田神社の神戸がそのまま神戸(こうべ)の地名になったといわれる。
・境内の生田神社会館は、披露宴や宴会の会場として利用される。生田神社本殿での神前結婚式ができる。本殿の北側に生田の森がある。
・生田神社の参道をいくたロードという。生田神社から三宮センター街を横切って三宮中央通りまでの400mの南北の通り。繁華街であり、神社の参道の雰囲気とは程遠い。
・いくたロードの南端、三宮中央通りに面して第一鳥居がある。いくたロードを北上して境内入口に第二鳥居、入口と楼門の中間に大きく真っ赤な第三鳥居がある。社殿や生田の森は楼門の中にあり、夜間は参拝できない。入口と楼門の間は駐車場になっているが、駐車場の出入りは西門を使う。
[生田の森(史跡)]
開園時間10:00~16:00。
神社の奥の「生田の森」は源平合戦の地。現在では森というほどの広さはないが雰囲気はある。
[スポンサード リンク]
生田神社の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報