再開発が進む茶屋町の特色とお勧め観光スポットの解説および年間イベント情報
 
[営業情報]
休業日・営業時間
施設・店舗により異なる
リンク
公式サイト
 
 
情報カレンダー
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
   
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  
[ピックアップイベント]
       
・2016/6/1 100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY茶屋町スロウデイ2016
18:00~22:00キャンドル点燈
20:00~22:00街の消灯
茶屋町エリア一帯で消灯してキャンドルを灯すイベント、荒天の場合は翌日順延
・2016/10/8-9ウメチャ祭
茶屋町一帯でMBS主催の音楽・ファッション・ハロウィーンを楽しむイベント
10/9ウメチャハロウィンパレード
・2015/10/10-12 OSAKA KAWAii!! in 茶屋町
・2014/12/10 100万人のキャンドルナイト茶屋町ナイト
消灯してキャンドルを灯すイベント、2015年は開催せず(西梅田は2015/12/9開催)。
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急:梅田 JR:大阪  御堂筋線:中津
駐車場
住所
大阪府大阪市北区茶屋町
TEL
地図
茶屋町
[コメント]
・キタの北東部に位置する阪急梅田東地区のなかで、さらに北東エリアに茶屋町(ちゃやまち)がある。町名の由来は、ここを通る中国街道沿いに鶴、萩、車という名前の茶屋があったことによる。鶴乃茶屋の跡碑がNU茶屋町プラス前の歩道上にある。
・従来茶屋町は老朽化した低層の店舗・住宅が多く、閑散としていたが、1990年以降断続的に再開発が行われている。
・1990年に毎日放送の新社屋が完成し、梅田ロフトがオープンした。1992年にはアプローズタワー が竣工したが、集客力のある店舗は依然としてロフトだけで、阪急梅田東地区のなかでは飛び地のような雰囲気だった。ただ当時から若者の往来は多く、活気があった。
・2000年代半ば以降、NU茶屋町アーバンテラス茶屋町チャスカ茶屋町など中規模商業施設の新規開業が相次ぎ、歩道も整備されて街並みが整ってきた。
・最近も阪急梅田駅そばにH&M梅田ユニクロ大阪といったカジュアルファッションの大型店舗が進出した。また毎日放送(MBS)の新館(B館)が完成し、イベントも増えて若者を中心に賑わいを見せている。
[スポンサード リンク]
茶屋町の文化施設・シネコン・商業施設・ショッピングセンター・ショッピングモール一覧