東京休日案内
ギンザ シックス
GINZA SIX(ギンザ シックス)
最寄駅 地下鉄東京メトロ各線:銀座(徒歩2-3分) 有楽町線:銀座1丁目(徒歩8分) 都営浅草線:東銀座(徒歩3分) JR:有楽町(徒歩10分) 各線:新橋(徒歩10分)
駐車場 488台
住所 東京都中央区銀座6-10
TEL 03-6891-3390 03-6274-6125(駐車場)  (ツーリストサービスセンター)
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
   
営業時間(概ね)
ショップ
10:30~20:30
レストラン
11:00~23:30
GINZA SIXガーデン
7:00~23:00

・観世能楽堂(B3)
1630㎡、480席の多目的ホール

・ツーリストサービスセンター「TERMINAL GINZA」1F三原通り側の観光バス乗降所前
9:00~21:00(観光案内)
10:30~20:30(免税カウンター)
10:30~20:30(宅配便)

[フロアガイド]
B3 観世能楽堂
B2 高級デパ地下
B1 ビューティ
1F ツーリストサービスセンター / 観光バス乗降所
1-5F ファッション、服飾雑貨、ライフスタイル雑貨、カフェ他
6F 書籍、レストラン他
7-12F、13F オフィス
13F レストラン、バンケット他
RF 屋上庭園「GINZA SIXガーデン」
[スポンサード リンク]

・銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業は、松坂屋銀座店跡地を含む街区(銀座六丁目10番)および隣接する街区(銀座六丁目11番)の2つの街区を一体的に整備する再開発プロジェクト。計約1.4haの土地に、敷地面積9,080㎡、延べ面積約148,700㎡の13階建て巨大ビルを建設。主な用途は商業施設、文化・交流施設、オフィス。
・ギンザ シックスの運営は、GINZA SIXリテールマネジメント。同社は大丸松坂屋百貨店・森ビル・L Real Estate(LVMHグループ)・住友商事の共同出資会社。
・ギンザ シックス(GINZA SIX)は、旧銀座松坂屋跡地周辺の再開発によって建設された大規模複合施設。2017年1月末竣工、4月20日グランドオープン。
・商業施設は、B2-6Fと、13Fの一部の9フロアを占める。レストランは6Fと13Fにある。施設面積約47,000㎡でビル全体の約3分の1を占め、銀座エリアでは最大。約240テナントが入居するが半数がそのブランドの旗艦店。
・B3は、文化施設の「観世能楽堂」(渋谷区松涛から移転)。能楽最大流派である観世流の拠点で、480席の能楽堂。正式名称は、二十五世観世左近記念観世能楽堂。能の自主公演だけでなく、演劇やファッションショーなど多目的なイベントに貸出予定。
・1Fの中央通りに面した側には、高級ラグジュアリーショップのメゾネット店舗(ディオール 、セリーヌ、サンローラン、フェンディ、ヴァンクリーフ & アーペル、ヴァレンティノ)が6つ並ぶ。前の4つのブランドショップは、LVMHグループに属する。
・1-5Fは、ロエべ、ヴェルサーチ、バリー、ポール・スミス、ロレックスなど前述以外のブランドショップなどファッション関連が中心。
・1F裏側の三原通りに面して観光バス乗降場があり、その奥に訪日外国人向けのツーリストサービスセンターがある。
・6Fは、銀座 蔦屋書店とレストラン。注目は銀座大食堂で、あらゆるメニューが揃う、言わばデパートの食堂、370席。
・13Fの中央通り側を占めるザ・グランギンザは、シティホテルをイメージした、ラウンジとレストラン。バーもあるが営業時間は短い(20:00~23:30)。
[スポンサード リンク]
(注)情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
ギンザ シックスの休業日・営業時間・住所・電話番号・交通アクセス・地図・イベント情報