井の頭自然文化園は吉祥寺にある動物園のある有料公園
 
[基本データ ]
休園日
月(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1
開園時間
9:30~17:00
GW~18:00
入園料
一般400円 65歳以上200円 中学生150円(都内在住・在学の場合は無料) 小学生以下無料
無料開園日(無料・割引優待
5/4(みどりの日)、5/17(開園記念日)、10/1(都民の日)、5/5(こどもの日)は中学生無料、9/15-21(老人週間)は60歳以上および付添者1名無料。
年間パスポート(年間パスポート/友の会
年会費1600円(65歳以上は800円)。東京動物園友の会もある。
ぐるっとパス
井の頭自然文化園はぐるっとパスの対象施設
面積
11.6ha
公式サイト
 
    
カレンダー
                
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   
[ピックアップイベント]
定例イベント
・ガイドツアー:第1・3・5土曜および第2・4・5日曜の11:00/13:30から各約45分、予約不要、無料、当日正門を入ってすぐのガイドツアー案内看板で確認する。
・彫刻園ガイド:第1・3金土の13:00~14:00、北村西望の作品について解説
 
  
[スポンサード リンク]
 
[アクセス]
最寄駅
JR中央線・東京メトロ東西線・京王井の頭線:吉祥寺(南口から徒歩10分)
駐車場
井の頭恩賜公園駐車場(正門向い側、60台)
住所
東京都武蔵野市御殿山1-17-6
TEL
0422-46-1100
地図
写真
井の頭自然文化園写真集
 
[コメント]
・井の頭自然文化園(いのかしらしぜんぶんかえん)は、井の頭公園の4分の1強の面積を占める小型動物園。吉祥寺通り北側の本園(動物園)と井の頭池に面した分園(水生物園)に分かれている。
・小動物中心の動物園で、本園は背の高い樹木が多く、動物の檻が密集することもなく、穏やかな空気が流れている。長命のアジアゾウのはな子がいたが、2016年5月26日に69歳で死亡したため、大型動物はいない。
・入口近くにモルモットのふれあいコーナーがあり、10:00と13:00からそれぞれ2時間ずつたくさんいるモルモットをだっこできる。
・リスの小径ではリスが放し飼いされていて、自然に近い形でリスの生態を観察できる。
・子供向けミニ遊園地のスポーツランドにメリーゴーランドやティーカップがある。
・井の頭公園と同じく地域住民の憩いの場となっていて、平日は近隣の幼稚園や保育園の子供たちが駆け回っている。1年間に70万人を超える人が入園しており、動物園の規模に比して利用者が多い。
・本園の東南の一角に雰囲気が異なるエリアがある。ここが彫刻園で、彫刻家の北村西望(きたむらせいぼう、1884-1987、文化勲章受賞者)が長崎の平和祈念像の制作に用いたアトリエ館と、展示棟A館B館がある。北村は自然文化園内の土地を借りてアトリエ兼住居を建て、平和祈念像を制作後に建物を寄付した。
・飛び地の水生物園には水生物館やハクチョウの池がある。水生物館では淡水魚や両生類の飼育展示を行っている。
・標準的な観覧時間は動物園が1時間、水生物園が30分。都立動物園だが、わざわざそれだけのために遠方から訪れるほどの規模の施設ではない。ただしすぐ近くにジブリ美術館、山本有三記念館などの魅力的なスポットもある。
・2006年以降、東京動物園協会が井の頭自然文化園・多摩動物公園・上野動物園・葛西臨海水族園の都立動物園・水族園4園の指定管理者になっている。
 
井の頭自然文化園の休園日・営業時間・料金・住所・電話番号・駐車場・地図アクセス情報