都民の日である10月1日に入園料・入館料が無料になる都立施設のリスト
都民の日(10/1)無料公開施設(2019年度/令和元年度)
庭園 浜離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
小石川後楽園
六義園
旧岩崎邸庭園
向島百花園
清澄庭園
旧古河庭園
殿ヶ谷戸庭園
植物園 神代植物公園
夢の島熱帯植物館
動物園・水族館 恩賜上野動物園
井の頭自然文化園
多摩動物公園
東京港野鳥公園
葛西臨海水族園
博物館 東京都江戸東京博物館
江戸東京たてもの園
美術館 東京都写真美術館(映像展「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」、収蔵展「TOPコレクション イメージを読む 写真の時間」、自主企画展「イメージの洞窟 意識の源を探る」)
東京都庭園美術館(庭園のみ)
東京都現代美術館(常設展「MOTコレクション 第2期 ただいま/はじめまして」のみ)
東京都美術館(企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」のみ)
都民の日(10/1)都立以外の無料・割引施設(2019年)
遊園地等レジャー施設 浅草花やしき(都内在住・在学・在勤者入園無料)
あらかわ遊園(休園中)
東京ジョイポリス(都内在住・在学・在勤者パスポート割引←首都圏割引または振替休日割引を利用)
よみうりランド(学校行事振替休日キャンペーン対象日によりワンデーパス割引)
東京サマーランド(入園券を大人600円その他500円、フリーパスを大人1800円その他1300円に割引)
サンリオピューロランド(2019/9/28-10/13東京都民優待デーパスポート大人3100円小人2300円シニア1900円)
横浜・八景島シーパラダイス(2019/10/1-14東京都民感謝デー ワンデーパス割引)
さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(2019/9/28-10/11東京都民は入園料・フリーパス割引)
マザー牧場(2019/9/28-10/31千葉県在住者は入園無料)
鴨川シーワールド(10/1は開業記念日感謝DAYにつき入園料半額、2019/10/2-31東京都民感謝月間、入園割引)
西武園ゆうえんち(2019/9/27-10/18埼玉西武ライオンズ優勝記念、入園無料)
東武動物公園(都内在学・在住の高校生以下は入園無料)
那須ハイランドパーク(2019/10/1-31東京都民特別割引)
[スポンサード リンク]
東京都施設の使用料(2019/10/1)
施設使用料無料 ・京浜島勤労者厚生会館(テニス・卓球・バトミントン、個人・1時間のみ)
施設使用料無料 ・東京都八王子労政会館体育室(「卓球」個人・1時間のみ)
都民の日(2019/10/1)記念行事
植物園 夢の島熱帯植物館(夢の島音楽祭、マジック&バルーンショー、すだちのつかみどり)
消防博物館 ・消防のペーパークラフト大集合
水道施設 ・東京都水道歴史館(1.歴史講座「江戸の上水」 2.江戸上水史跡めぐりガイドツアー、1・2共に往復はがきで申込9月7日消印有効)
・奥多摩水と緑のふれあい館(ビデオ上映)
・東京都水の科学館(東京水配布)
・東京都虹の下水道館(記念品の配布)
・小作浄水場金町・浄水管理事務所・三園浄水場 の浄水場体験ツアーは2018年は非開催
(注1)明治元年に設置された東京府は区と郡に分かれていた。このうち区部は明治22年に東京市になったが、東京市長は東京府知事が兼任する形式的な特例市だった。明治31年10月1日に東京市に一般市制が施行され、東京市役所と東京市長が誕生した。10月1日は大正11年に「自治記念日」となり、昭和27年に「都民の日」となった。
(注2)東京都の施設の無料開放は、東京都条例第七十五号(都民の日条例)の第四条「都民の日には、都の営造物及び諸施設の使用料、手数料及び入場料その他の料金で別に知事が指定するものに限り、当該条例の規定にかかわらず特にこれを減免することができる。」に基づいている。
(注3)10月1日は平和・国際都市渋谷の日、足立区民の日(区民は足立区生物園が入園無料)、目黒区民の日にもなっている。また都電荒川線の日でもある。
(注4)例年無料開放されていたNHKスタジオパークは、2018年以降は無料日からはずれた。ただし年間の無料入場日自体は増えている。
(注5)情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
都民の日である10月1日に防災館・消防博物館・水道施設で開催される都民の日記念行事一覧