奈良市西部にある東洋古美術品の美術館(Museum Yamato Bunkakan )
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日) 年末年始 展示替え期間
開館時間
10:00~17:00
入館料
平常展・特別企画展:一般620円 高大生410円 中学生以下無料
特別展:一般930円 高大生720円 中学生以下無料
無料観覧日
リンク
関西文化の日2016/11/24-25無料
奈良市のホテル
 
 
   
8/25-10/1 文人のまなざし-書画と文房四宝-
   
一般620円 高大生410円 中学生以下無料
10/7-11/12 特別展 柳沢淇園-文雅の士・新奇の画家-
  
一般930円 高大生720円 中学生以下無料
11/17-12/24 特別企画展 書の美術-経典・古筆切・手紙-
  
一般620円 高大生410円 中学生以下無料
1/5-2/18 特別企画展 宋と遼・金・西夏のやきもの
  
一般620円 高大生410円 中学生以下無料
2/23-4/8 特別企画展 生命の彩-花と生きものの美術-
  
一般620円 高大生410円 中学生以下無料
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
近鉄奈良線:学園前(徒歩7分)
駐車場
無料50台
住所
奈良県奈良市学園南1-11-6
TEL
0742-45-0544
地図
[コメント]
・大和文華館(やまとぶんかかん)は、近鉄奈良線沿線の住宅地にある近鉄の美術館。美術館開設は、近鉄創立50周年記念事業を代表するもので、1960年10月に開館した。運営は公益財団法人大和文華館。
・コレクションは、東洋の絵画、書蹟、彫刻、陶磁、漆工、金工、染織、ガラス等約2000点で、国宝4点・重要文化財31点を含む。
・常設展示はなく、コレクションをテーマ別に展示する平常展・特別企画展と、館外の協力を得て館内外の美術作品を展示する特別展を開催している。展示スペースはそれほど広くないので、展覧会毎の展示数も多くはない。
・会期中の土曜日は14:00から約1時間、展示室にて学芸員による列品解説がある。また日曜日には講堂で講座や講演が行われることが多い。講堂でコンサートが開催されることもある。いずれも入館料以外の費用はかからない。
・文華館の建物は、桃山時代の城郭をイメージさせる外観と、展示場中央部の光庭が特徴。外光の降り注ぐ光庭には竹が植えられていて「竹の庭」と呼ばれている。竹や竹林のもつイメージは東洋古美術品の展示風景と調和している。
・また建物の周囲は広い自然園「文華苑」になっていて、入館者は自由に散策できる。チケット売場のある入口から、展示場のある本館までの坂道も文華苑の一部。梅・桜・ササユリ・アジサイなど季節毎の花の名所でもある。文華苑は、古代からのため池・蛙股池(かえるまたいけ)に囲まれている。大和文華館の館内からも蛙股池を望める。
・ミュージアムショップはあるが、カフェはない。
[友の会]
大和文華館友の会
・一般会員(年会費2000円)と学生会員(1200円)がある。美術館の友の会の会費としては最も安価な部類に入る。
・主な会員特典は、平常展・特別企画展・特別展が無料、会員の同伴者2名まで団体割引、松伯美術館50%割引、MIHO MUSEUM・佐川美術館・林原美術館の入館料金が団体割引、あべのハルカス美術館の入館料が会員と同伴者3名まで団体割引など。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
奈良県の美術館
奈良県立美術館
大和文華館
松伯美術館
[写真]
 
    
大和文華館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報