大阪港(築港・北港)の街の特色と観光スポット・年間イベント情報についての解説
 
[営業情報]
定休日
休業日は施設・店舗により異なる
営業時間
営業時間は施設・店舗により異なる
リンク
 
 
情報カレンダー
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31  
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
[ピックアップイベント]
   
   
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
駐車場
住所
大阪府大阪市此花区、港区、大正区、住之江区
TEL
地図
[コメント]
・大阪港は、大阪湾に面した大阪市の港湾地区の総称で、大阪市港湾局が管理している。大きく築港(ちっこう)・北港(ほっこう)・南港(なんこう)の3エリアに分けられる。
・築港は、天保山ハーバービレッジのあるところで、歴史的に最も古い。区名も港区で、大阪港を象徴しているが、。大阪市営地下鉄中央線の大阪港駅は、築港の中心部にある。大阪港駅から徒歩数分の天保山エリアは大阪市のウォーターフロントとして1990年代に再開発された。水族館の海遊館、展覧会ギャラリーの大阪文化館・天保山(旧サントリーミュージアム)、天保山大観覧車、ショッピングモールのマーケットプレースなどがあるレジャースポット。
・北港は築港の北側に位置し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)舞洲スポーツアイランドのあるところ。USJへはJRゆめ咲線が通じているが、人工島の舞洲(まいしま)と夢洲(ゆめしま)には鉄道路線はない。
南港は、埋め立てで造成された人工島・咲洲(さきしま)周辺地域をいい、概ね住之江区の東半分に相当する。別掲参照。
[スポンサード リンク]
大阪港(築港・北港)の商業施設・ショッピングセンター・ショッピングモール一覧