野毛山動物園は横浜都心部にある人気のレジャースポット
 
[基本データ ]
休園日
月(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1、5月と10月は無休
開園時間
9:30~16:30
GW~17:00
入園料
無料
無料開園日
年間パスポート
公式サイト
 
 
休日カレンダー
   
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   
                 
[ピックアップイベント]
定例イベント
・動物たちのお食事タイム
13:15~|レッサーパンダ
13:30~|チンパンジー
16:00~|ペンギン
・なかよし広場(土日祝、入れ替え制、1回20分)
10:00~12:00|午前の部、9:45から整理券配布
13:30~15:30|午後の部、12:00から整理券配布
・2019/2/9-10のげやまバレンタイン
・2019/4/1開園感謝祭(68周年)
・2019/4/21-22飼育の日イベント
・2018/6/2横浜開港記念日 先着100人にオリジナルポストカードプレゼント
・2018/8月の土日ナイトのげやま(よこはま夜の動物園2018)~20:30
夜の動物の生態を見ることができる。入園は20:00まで。ビアガーデンと夕涼みガーデンライブ
・2018/9/9-24動物感謝祭 よこはまのどうぶつえんパネル展
・2018/10/27-28ハロウィンキャンディプレゼント
・2018/12/23-24のげやまクリスマス特別ガイド
 
  
[スポンサード リンク]
 
[アクセス]
最寄駅
JR根岸線・横浜市営地下鉄:桜木町(徒歩約15分、または駅からバス7分・野毛山動物園前下車) 京急線:日ノ出町(徒歩10分)
最寄インター
首都高速横羽線:みなとみらいIC
駐車場
野毛山自動車駐車場(横浜市中央図書館隣、95台)など周辺駐車場
住所
神奈川県横浜市西区老松町63-10
TEL
045-231-1307
地図
写真
野毛山動物園
 
[コメント]
・野毛山動物園(のげやまどうぶつえん)は、野毛山公園の一角にある動物園。 現在3つある横浜市立動物園の中で最初のものが1951年4月1日に開園した野毛山動物園。
・約90種1900点(哺乳類は約20種800点)の動物を飼育 している。敷地面積の広いズーラシアや金沢動物園よりも飼育点数が多いが、これは哺乳類以外の鳥類・爬虫類・魚類が多いため。公立動物園でもこれだけの規模があって入園無料は珍しい。開園当初は有料だったが、1964年6月以降無料になった。
・横浜の都心にあり、しかも入園無料ということで、一年を通して多くの人が気軽に来園する。休日は家族連れ、平日は周辺幼稚園等の園児達で賑わっている。年間で100万人近くの人が訪れるが、これは16倍の敷地面積を誇るズーラシアの入園者数と変わらない。
・桜の名所でもあるので、3月末から4月初めの開花時にはお花見を兼ねて来る人も多い。桜に限らず園内は背の高い樹木が多く、横浜都心部では貴重な緑地の一つである。
・ゾウ・ゴリラやホッキョクグマはいないものの、インドライオン・トラ・シマウマ・キリン・レッサーパンダ・チンパンジー・フンボルトペンギンなどの人気ある動物が一通り揃っている。標準的な観覧時間は1時間~1時間半。
・モルモットやハツカネズミと触れ合える「なかよし広場」がある。平日は自由に利用できるが、土日祝は整理券による入れ替え制となる(1回20分)。
・野毛山公園は、桜木町駅の西方約1kmの高台に位置する面積9.6haの都市公園で、そのおよそ3分の1を動物園が占めている。傾斜地を利用しているので、園内はアップダウンが多い。履き慣れた靴で行くことをおすすめする。
 
野毛山動物園の休園日・営業時間・料金・住所・電話番号・駐車場・地図アクセス情報