姫路市立城内図書館は姫路公園にある姫路市の中央図書館
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合はその翌日)、第3木曜、祝日(月曜と土曜の場合は開館)、年末年始(12/28-1/4)
2022/3/9-17資料手入期間(蔵書点検)
開館時間
10:00~19:00
7-8月 9:30~19:00
カフェ・レストラン・プロコップ
9:00~17:00
入館料
無料
本の貸出
姫路市内内に在住・通勤・通学する場合、および播磨圏域連携中枢都市圏(相生市、赤穂市、加古川市、加西市、宍粟市、高砂市、たつの市、市川町、稲美町、神河町、上郡町、佐用町、太子町、播磨町、福崎町)内に在住する場合、有効期間3年の姫路市立図書館貸出券を作成(要証明書)すれば、1回につき6冊(マイナンバーカードの場合12冊)まで2週間借りることができる。
電子書籍の利用
電子書籍3点まで14日間、個人のスマホやパソコンで読むことができる。姫路市電子図書館サイトにログインして利用する。
リンク
 
 
休日カレンダー
2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
 
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
[ピックアップイベント・年中行事]
定例イベント
   
・おはなし会:子供を対象に絵本の読み聞かせや詩の暗唱など、無料。
・えほんのじかん:幼児を対象に司書による絵本の読み聞かせ、無料。
・名画鑑賞会:2階大会議室にて、入場無料。 申込不要。
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR・山陽電車:姫路(駅から神姫バス、野里門バス停下車すぐ)
駐車場
専用なし 城の北駐車場148台
住所
兵庫県姫路市本町68-258 日本城郭研究センター内
TEL
079-289-4884 079-223-8200(プロコップ)
地図
[コメント]
・姫路市立城内図書館は、姫路城の北東にある、姫路市立図書館の本館。他に14の分館が市内各地に分散している。
・2階建て日本城郭研究センターの1Fが図書館閲覧室。地下に書庫がある。専用延床面積4838㎡。カフェ・レストラン「プロコップ」が1Fにある。
・蔵書約55万冊。例年の貸出人数は20万人程度。分館を合わせた姫路市立図書館全体では、蔵書約140万冊、貸出総人数は約75万人。
・2023年3月1日から電子図書館サービスを始めた。図書館の「貸出券」(または貸出券番号)とパスワードを持っていれば、スマホや自宅のパソコンから、図書館の提供する電子書籍(約6500点)が無料で読める。通信料は自己負担。
[日本城郭研究センター]
・日本城郭研究センターは、1990年4月にオープンした姫路市の複合施設。敷地面積8938㎡、延床面積7500㎡。
・国内外の城郭の総合的な調査研究を目的とする「城郭研究室」と、中央図書館機能を持つ「城内図書館」からなる。
・2Fにある城郭研究室は、土日祝等は休みで入室できない。姫路城をはじめとする日本の城郭の資料が豊富。姫路城や姫路の歴史に関する質問もできる。
[姫路市立図書館沿革]
1912年8月 姫路図書館が総社(射楯兵主神社)境内に開館。
1947年7月 姫路市立図書館が姫路英語学校校舎(姫路城内元兵舎)内に開館。
1948年7月 姫路英語学校の移転により、図書館が校舎を単独使用。
1956年11月 手柄山図書館開館。翌12月、手柄山図書館が姫路市立図書館本館、従来の城内の図書館は城内分館となる。
1965年11月 老朽化により城内分館を廃止。
1990年4月 日本城郭研究センターに城内図書館開館、城内図書館が本館となり、手柄山図書館を閉鎖。
2015年11月 播磨圏域連携中枢都市圏の図書館相互利用を開始。
2020年11月~2021年6月まで日本城郭研究センター改修工事に伴い休館。
2023年3月 電子図書館サービス開始。
[スポンサード リンク]
姫路市立城内図書館の特色・概要・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報