世界遺産・姫路城は関西の人気観光スポットの一つ
 
 
[営業情報]
休城日
無休(除く12/29・30)
2020/3/7-26天守公開中止、4/6まで延長、入城料500円(半額)、4/9-5/10休城、5/31まで延長、5/28から屋外区域再開、6/15天守閣等全域再開
2021/4/25-5/11臨時休城、5/12再開、詳細は公式サイトを参照
開城時間
9:00~17:00
夏季(4/27-8/31)~18:00
混雑が予想される時期は9:00より先着順で大天守登閣整理券を配布する
入城料
大人1000円、小中高校生300円
姫路城・好古園共通券
大人1050円、小中高校生360円
無料割引優待
無料登城日:1/1元旦、2018/11/13(関西文化の日)、12/11(世界遺産登録日)
リンク
桜の名所 西の丸庭園70本 好古園80本
世界遺産
 
 
休日カレンダー
8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
[年中行事・ピックアップイベント]
       
・元旦入城料無料(2021年、2022年は中止)
・2022/2/27世界遺産姫路城マラソン2022←中止(3大会連続)
マラソンおよびファンラン(1km、1,5km、2km、5km)
大手前通り~姫路城三の丸広場
・2022/4/2第37回姫路城観桜会
10:00~14:45、於:三の丸広場
・2022/4/2-9姫路城夜桜会「千姫の庭、光の戯れ」
18:30~21:00、大人600円、小人200円、要日時指定WEB整理券、於:西の丸庭園
・2022/4/16姫路城千姫ぼたん祭り
10:30~16:00、於:千姫ぼたん園
・2022/5/20-22第72回姫路お城まつり
5/20第51回姫路城薪能
5/21大パレード・姫路大名行列、総踊りなど
5/22第21回ひめじ良さ恋まつり
・2020/6/13-14姫路ゆかたまつり←中止、2021年も中止、2022年も中止
16:30~21:30、於:長壁神社・城南公園・大手前通り
・2021/9/21第39回姫路城観月会オンライン開催
18:30~20:00、例年は三の丸広場にて、ステージイベントや和太鼓演奏
・2021/10/17-11/14第69回菊花展 ←中止
姫路城三の丸広場、観覧自由
・2020/11/7-8第70回姫路お城まつり ←中止
11/7大パレード、総踊りなど
11/8第21回ひめじ良さ恋まつり
・2021/10/27-11/7姫路城ナイトイベント「シロノヒカリー白鷺が輝く夜」
17:30~21:00、1000円、姫路城の「白」を一層引き立てるような照明ライトアップ
・2018/11/13入城無料(関西文化の日
・2021/11/27-2022/2/27姫路城大天守特別展示
・2020/12/18-27 姫路城フォーシーズンファンタジア hitotose(ひととせ)(姫路城イルミネーションイベント2020)
17:30~21:00、会場:姫路城三の丸広場、無料
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR・山陽電車:姫路(徒歩20分、または駅からバス)
駐車場
大手前公園地下駐車場323台 イーグレ地下駐車場252台 大手門駐車場555台ほか
住所
兵庫県姫路市本町68
TEL
079-285-1146
地図
[コメント]
・姫路城は世界遺産に登録された美しい城、別名「白鷺城(しらさぎじょう)」。年間の入城者数が200万人を越える、関西の人気観光スポット。
・鎌倉末期に守護大名の赤松氏が姫山に砦を築いたのが始まり。現在の城は池田輝政(恒興の子)が関が原の戦いの後に改築したもの。城主は池田氏から本多氏、榊原氏、酒井氏と変遷した。明治維新後は陸軍省の管轄を経て、現在は国や姫路市が所有・管理している。
・1928姫路城跡が史蹟に指定される
・1931姫路城が国宝(旧)指定される
・1951/6/9姫路城が国宝指定される。
・1956/11/26姫路城跡が国の特別史跡に指定される。
・1993/12/11ユネスコにより法隆寺と共に日本初の世界文化遺産に指定される。
・2011/3/26にオープンした姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」(てんくうのしらさぎ)は2014/1/15で閉館した。
・2014/1/12-2015/1/10ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館(姫路城外、大手門前の家老屋敷跡公園内)設置。
・2015/3/26姫路城大天守保存修理完成記念式典、翌3/27天守群の見学再開。
・標高45.6mの姫山に石垣14.9mを組み、その上に31.5メートル高の5重6階大天守を築いたため、姫路城天守閣は海抜92mのレベルにある。播磨平野を見渡す展望スポット。
[好古園]
・姫路城西の丸から堀を挟んだ西側にある池泉回遊式日本庭園。姫路城大天守と西の丸を借景としている。
・西御屋敷の跡地を姫路市制100周年記念事業として整備した約1万坪の日本庭園。1989年に造成を開始し、1992年4月29日に開園した。土地の歴史的経緯を取り入れているものの、庭園としての歴史自体は浅い。好古園とは別に姫路城西の丸庭園もある。
休園日・開園時間は姫路城と同じ、入園料大人310円小人150円。姫路市在住の65歳以上は無料。
2021/2/21-3/14梅花展
2020/4/3-12夜桜会(~20:00)←中止
2022/24春の大茶の湯
2020/10/1好古園観月会~21:00←中止
2020/10/25秋の大茶の湯←中止
一席500円(お菓子付)
2018/11/13入園無料(関西文化の日
2021/11/19-12/5紅葉会(ライトアップ~20:00)
公式サイト
[姫路公園]
・特別史跡姫路城跡107.8haのうち68.1haが都市公園「姫路公園」として整備されている。姫路公園内には、姫路城・好古園のほかに、姫路市立動物園姫路市立美術館兵庫県立歴史博物館姫路市立城内図書館などの施設や、大手前公園(イベント広場)、シロトピア記念公園などがある。
   
[播磨国総社 射楯兵主神社]
・射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)は、姫路城近くの古社。播磨国風土記に記載のある古社。射楯大神と兵主大神を祀る。姫路の初詣スポット。
・毎年11/13-16霜月大祭(秋まつり)
・姫路駅前発で、姫路城周辺の好古園や兵庫県立博物館などの観光スポットを巡回する遊覧路線バス。
・大人100円・小人50円。
姫路城ループバス1日乗車券は、大人300円・小人150円。
・広域の城下町散策1dayフリーきっぷは、大人500円。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
兵庫県の名所旧跡
ヨドコウ迎賓館
西宮神社
・中山寺(中山観音公園
姫路城
赤穂城跡
・竹田城跡
[写真]
 
    
姫路城の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報