ヨドコウ迎賓館は芦屋市の北部高台にある大正期の建築物
 
[営業情報]
休館日
月火・木金(祝は開館)、雛人形展開催期間は月木
2016/11より約2年間工事休館、2019/2/16リニューアルオープン
2020/3/14-4/19臨時休館、5/15まで延長、6/5まで延長、6/6再開、詳細は公式サイトを参照
開館時間
10:00~16:00
入館料
大人・大学生500円、小中高校生200円
無料割引優待
リンク
展望スポット
 
 
休日カレンダー
7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
   
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[年中行事・ピックアップイベント]
       
・2020/2/15-4/5
雛人形展
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急:芦屋川(徒歩10分)
駐車場
7台
住所
兵庫県芦屋市山手町3-10
TEL
0797-38-1720
地図
[コメント]
・ヨドコウ迎賓館(よどこうげいひんかん)は、芦屋市の高台にある、フランク・ロイド・ライト(1867-1959)が設計した邸宅、重要文化財。
・鉄筋コンクリート造りの4階建て、建築面積359㎡、延床面積542㎡ある大型住宅。敷地は六甲山麓の緩やかな傾斜地約5200㎡。
・神戸・灘の酒造家である山邑(やまむら)家の別邸と して設計され、1924年(大正13年)竣工した。戦後、淀川製鋼所の所有となり、1989年よりヨドコウ迎賓館の名称で一般公開している。毎年ひな祭りの季節に雛人形展を開催している。
・4階屋上バルコニーから北側に六甲山地を望み、南側に芦屋市街地と大阪湾を見渡す展望スポットでもある。
・2016年11月より約2年間保存工事休館、2019/2/16リニューアルオープン。
・2020/6/19に、文化庁が『「伊丹諸白」と「灘の生一本」 下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』を日本遺産に認定した。ヨドコウ迎賓館はその構成要素の一つになっている。またすぐ近くを流れる芦屋川の文化的景観(かつて酒米を精米していた水車場が約20ヵ所あった)も含まれている。
[ライトの作品]
・日本には、ヨドコウ迎賓館の他に、帝国ホテル旧本館(ライト館中央玄関部を明治村に移築・公開)、自由学園明日館(公開)、電通八星苑(非公開)が現存している。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
兵庫県の名所旧跡
ヨドコウ迎賓館
西宮神社
姫路城
赤穂城跡
・竹田城跡
[写真]
 
    
ヨドコウ迎賓館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報