NHKスタジオパークは渋谷にあるNHKのテーマパーク、未来の最新映像技術や番組制作の裏側について知ることができる
 
[基本データ ]
休館日
第4月曜、年末年始
開館時間
10:00~18:00
スタジオカフェ
11:30~18:30
入場料
大人200円 高校生以下・65歳以上無料
無料公開デー(無料・割引優待
2018/1/2-21、1/23-2/4、3/10-11、20-25、27-4/8、11、18、22、25、28-5/6(GW)、9、16、23、30、6/2-3、6、13、20、27、7/4、11、14-22、7/24-8/15、22、29、2017/9/16-18、10/1(都民の日)-9、11/2-5(NHK文化祭)、12/23-27、入場無料
 
公式サイト
 
 
営業カレンダー
      
6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
               
[ピックアップイベント]
定例イベント
・2018/1/2-3 2018明けましてスタジオパーク
・2018/1/2-28大相撲放送開始九十年展
・2018/1/2-3/31大河ドラマ「西郷どん」展
・2018/4/2-6/10企画展 連続テレビ小説「半分、青い。」展
・2018/4/20-7/12大河ドラマ「西郷どん」の世界展
・2018/5/3-5スタパDEコンサート
・2017/7/16-8/6夏のスタパ祭り2017
・2017/10/1-12/27企画展 連続テレビ小説「わろてんか」展
・2017/10/28-29 Nスポ!2017
NHK放送センターと代々木公園で、総合スポーツイベント
・2017/11/3-4「ふるさとの食 にっぽんの食」東京フェスティバル(NHK放送センターにて)
・2017/11/3-4 NHK文化祭たいけん広場2017
NHK放送センターにて公開収録など多彩なイベント
スタジオパーク入場無料
・2017/12/23-25 2017クリスマスステージ@スタジオパーク
  
[スポンサード リンク]
 
[アクセス]
最寄駅
JR山手線・東横線・田園都市線・井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線:渋谷(徒歩12分)
JR山手線:原宿(徒歩12分)
東京メトロ千代田線:代々木公園(徒歩12分)
最寄インター
首都高速3号渋谷線:渋谷IC
高速中央環状線:富ヶ谷IC
駐車場
なし(渋谷区役所前公共地下駐車場650台が隣接)
住所
東京都渋谷区神南2-2-1
TEL
03-3485-8034
地図
写真
NHKスタジオパーク
 
[コメント]
・NHKスタジオパークは、渋谷のNHK放送センター内にある、番組作りの舞台裏や公開番組の収録を見学できる放送テーマパーク。

・NHKスタジオパークは、ABCの3層のフロアに分かれている。順路は固定されてはいないが、A→B→A→Cを推奨している。

・入口を入ってすぐのAフロアには、超大型の8Kスーパーハイビジョンが設置されていて、5~10分程度の短編作品が入れ替わり上映されている。8Kスーパーハイビジョンは、現行のハイビジョン画質の16倍、4K画質の4倍の超高精細映像で、近未来のテレビを体験できる。次のスタジオギャラリーでは、番組の企画展などが催されている。

・エスカレーターでBフロアに降りると、まずメディアウォールがある。壁面のパネルに触れて、NHKの映像アーカイブス(過去の番組)を呼び出すことができる。隣接する350スタジオ/シアターでは、過去の番組を上映している。

・NHKクエストは、NHKの番組にまつわるクイズコーナー。NHKワールドは、NHKの国際放送の収録スタジオで、ガラス越しに見学できる。

・アニメファクトリーでは、きかんしゃトーマスやおじゃる丸などのアニメのアフレコ体験もできる。スタジオパークNEWSでは、アナウンサーやお天気キャスターの役割で番組制作体験ができる。クリエイティブラボでは、映像と音楽の素材を使用してオリジナル映像を作成することもできる。

・ドラマライブラリーには、過去の大河ドラマや連続テレビ小説の衣装や小道具が展示されている。こどもライブラリーでは現在までの子供番組が見られる。またタイミングが合えば「おかあさんといっしょ」のスタジオ収録も見学できる。

・Aフロアにもどると、CT-450スタジオでの番組制作の様子をガラス越しに観覧できる。ネイチャーカメラマンのコーナーでは、自然番組の制作に使用する暗視カメラ等について知ることができる。

・Cフロアにエレベーターで降りると、キッズワールドがあり、幼児向けの参加型アトラクションを行っている。

・出口前に、オリジナルグッズのスタジオショップとレストラン・スタジオカフェがある。

・NHK放送センターは、昭和40年代の竣工で老朽化が進んでおり、東京オリンピック終了後に現在地で建て替えられる予定。18階建て高層ビルを含む3棟となる。
 
  
[スポンサード リンク]
                        
NHKスタジオパークの休園日・営業時間・料金・住所・電話番号・駐車場・地図アクセス情報