信貴生駒スカイラインは、眺望に優れたスポットが豊富
 
[営業情報]
休業日
無休
営業時間
3/1-10/31 6:30~24:00
11/1-2末 6:30~23:00
料金
普通車370円~1360円
全線片道1360円 往復1950円
無料割引優待
回数券(11枚綴り・10回分料金)
フリーパス(1日券)
普通車3120円
リンク
 
 
[ピックアップイベント]
   
季節の花と周辺のイベント
   
・4月上旬:桜(スカイライン沿道とその周辺)
・5月上旬:ツツジ(なるかわ園地つつじ園)
・6月下旬~7月上旬:アジサイ(ぬかた園地あじさい園)
・10月下旬~:国宝信貴山縁起絵巻 特別公開(信貴山朝護孫子寺)
・11月中旬~下旬:紅葉(スカイライン沿道とその周辺)
   
   
   
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
駐車場
宝山寺駐車場250台 夕日駐車場9台 生駒山上遊園地駐車場1600台(有料) 海抜600m駐車場 パノラマ駐車場13台 なるかわ駐車場10台 朝日駐車場16台 夫婦岩駐車場9台 鐘の鳴る展望台駐車場22台 十三峠駐車場18台 立石越駐車場6台 信貴山駐車場250台(有料)
住所(経由地)
大阪府大東市、四条畷市 奈良県生駒市 大阪府東大阪市 奈良県平群町、三郷町
TEL
 0473-74-2125
地図
[コメント]
・信貴生駒スカイライン(しぎいこますかいらいん)は、生駒山地の尾根を南北に走る観光有料道路。大阪府と奈良県の府県境を通っていて、概ね標高400m~600mに位置する道路と展望台各所から大阪と奈良の双方を見渡すことができる。
・近鉄グループが所有・管理しており、同グループの生駒山上遊園地に車で行く場合は必ず信貴生駒スカイラインを通ることになる。
・信貴生駒スカイラインの出入り口は全部で3ヵ所。最もポピュラーなのは、北端の阪奈道路(大阪府道8号線)登山口IC。2つ目は奈良県生駒市の宝山寺の横、3番目は南端の信貴山。全長は20.9km。
・料金所も3ヵ所ある。北端にあるのは聖天口料金所で、阪奈道路登山口と宝山寺から来た車はまずここを通る。ここまでに折り返せば料金はかからない。したがって例えば登山口から信貴生駒スカイライン沿いにある生駒山麓公園(生駒市営公園)には通行料無料で行くことができる。
・聖天口料金所を過ぎて南下すると、夕日駐車場、生駒山上遊園地を経て生駒山上料金所に至る。生駒山上遊園地までの普通車往復料金は740円。生駒山上料金所を過ぎると料金が加算されて全線料金になる。
・さらに南下すると中途に、海抜600m駐車場、パノラマ駐車場(パノラマ展望台)、なるかわ駐車場(ハイキングコース経由で府民の森なるかわ園地に連絡、つつじ園まで徒歩30分)、朝日駐車場、東大阪市野外活動センター自由の森なるかわ、夫婦岩駐車場、鐘の鳴る展望台駐車場(鐘の鳴る展望台)、十三峠駐車場、立石越駐車場、西信貴ケーブル高安山駅がある。最後の信貴山料金所を過ぎれば片道料金の1360円、Uターンして北端まで戻れば往復料金の1950円。
・信貴山料金所を経てスカイラインを出ると、信貴山朝護孫子寺や信貴山のどか村がある。
・二輪車、歩行者は通行禁止。信貴生駒スカイライン各所の駐車場は生駒山上遊園地を除いて無料。信貴山駐車場も有料だが、信貴生駒スカイラインの外に位置している。
・代表的な展望スポットは、パノラマ展望台と、鐘の鳴る展望台。両者とも大阪と奈良の両側が望める。夜景もすばらしい。パノラマ展望台は、駐車場の先がそのまま展望広場になっている。鐘の鳴る展望台は駐車場から階段を登った高台に建てられた高さ12mのコンクリート製で、設置してある「希望の鐘」を誰でも鳴らすことができる。
・スカイライン沿道と周辺は桜の名所で、特に信貴山の桜は約2000本と言われる。また紅葉の名所でもあり、例年の見頃は、11月中旬~下旬。
 
[スポンサード リンク]
 
  
[スポンサード リンク]
奈良県の展望台・夜景スポット
奈良県庁屋上広場
若草山
信貴生駒スカイライン
生駒山上遊園地
・矢田山遊びの森展望台(矢田自然公園
葛城高原
吉野山
大阪観光お役立ち情報
交通機関
大阪へのアクセス
大阪市内交通・大阪府内交通
キタ(梅田)駐車場(地図)
ミナミ(心斎橋・難波)駐車場(地図)
観光名所とモデルコース
大阪府内観光案内所(地図)
梅田エリア観光地図
・心斎橋エリア観光地図
・難波エリア観光地図
・大阪城エリア観光地図
・天王寺エリア観光地図
・大阪ベイエリア観光地図
・万博公園エリア観光地図
・堺観光地図
 
    
信貴生駒スカイラインの特色・休業日・開場時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報