天王山山麓にあるアサヒビールの美術館(Asahi Beer Oyamazaki Villa Museum of Art)
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替え期間 2017/5/29-9/15工事休館
開館時間
10:00~17:00
観覧料
一般900円 高・大学生500円 中学生以下無料
無料観覧日
    
関西文化の日
リンク
京都府のホテル
 
 
情報カレンダー
8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   
   
   
4/21-7/16 ウィリアム・モリス-デザインの軌跡
   
7/28-9/2 サム・フランシスの色彩-夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション
   
9/15-12/2 谷崎潤一郎文学の着物を見る
   
12/15-2/24 櫛・かんざしとおしゃれ展(仮称)
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR京都線:山崎(徒歩10分) 阪急京都線:大山崎(徒歩10分) 阪急大山崎駅前~ JR山崎駅前~美術館の間で無料送迎バスを運行
駐車場
なし(駅周辺のコンパーキングを利用)
住所
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL
075-957-3123 
地図
[コメント]
・アサヒビール大山崎山荘美術館(きょうとこくりつきんだいびじゅつかん)は、天王山山麓の山荘美術館と庭園。公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団が運営している。
・実業家加賀正太郎(1988-1954)の山荘を、アサヒビールが買取・修復して美術館として1996年開館。公開に合わせて安藤忠雄設計の新館(地中館)を増築。さらに2012年に山手館を増築した。
・収蔵品の中核は、アサヒビール初代社長の山本爲三郎が収集した陶器を中心とした山本コレクション。またクロード・モネの絵画とアルベルト・ジャコメッティやイサム・ノグチ、ヘンリー・ムーアによる彫刻のコレクションもある。
・紅葉の名所として知られる。紅葉の季節・桜の季節・GWは庭園が混雑するため、写生・スケッチは禁止になる。
・友の会はない。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
[写真]
 
    
大山崎山荘美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報