西京極総合運動公園は、京都市南端にある京都府立公園
 
[営業情報]
休園日
無休・開放
施設休業日
年末年始(12/28-1/4)
営業時間
運動施設:9:00~21:00
プール:9:00~20:30
料金
屋内プール:(最大)一般600円 高校生・70歳以上450円 小中学生300円
屋内プール定期券:(1ヵ月)一般4500円 高校生・70歳以上3300円 小中学生2300円
無料割引優待
リンク
テニスコート
 
休日カレンダー
[ピックアップイベント]
   
・2022/7/19-8/31 屋外プール営業、 営業時間2部制 1部9:30~12:30 2部13:30~16:30、料金は屋内プールと同料金
   
   
   
・貸出時間:9:00~20:00
・料金:1000円(税込み)、駐車場利用者は駐車券提示で料金半額。
・公園外への持ち出し自由。伏見には月桂冠大倉記念館(0.5km)など酒蔵エリア、幕末の寺田屋騒動で知られる寺田屋(0.5km)、伏見桃山城(2.4km)などの観光スポットがある。
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
京阪電車:中書島(徒歩3分)
駐車場
200台(24時間)
住所
京都府京都市伏見区葭島金井戸町
TEL
075-611-7081 
地図
[コメント]
・伏見港公園(ふしみこうこうえん)は、宇治川縁の内陸河川港(伏見港)を埋め立てて整備されたスポーツ公園。面積は3.74haで、府立公園としては小さい。
・体育館・テニスコート・プール(屋内通年と屋外夏季)などの施設がまとまっている運動公園。スポーツ施設以外では芝生広場、スポーツ広場、ウォーキングコース(1周550m)がある。レストランはない。
・バスケットボール・体操・テニス・水泳・ジュニアサッカーなどの子ども・成人を対象とした各種スポーツ教室を開催している。
・伏見港まつりを年3回開催。
・指定管理者は、伏見港スポーツパークパートナーズ。
・伏見港は豊臣秀吉が伏見城の築城に合わせて建設し、京都と大阪を結ぶ水運ルートの拠点として栄えた。戦後は衰退し、埋め立てられて1967年に伏見港公園がオープンした。伏見港は港の機能はなくなったが、法律上は今でも京都府の港の一つ。隣接する伏見みなと公園に港湾施設の復元模型がある。また、伏見観光協会が 十石舟と三十石船を再生し、伏見の水辺を観光運航している。
[スポンサード リンク]
[運動施設]
・体育館:ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、卓球、フットサルなどが可能。観客席500席付き。
・テニスコート:ハードコート6面。
・屋内温水プール(通年):メインプール(25m×8コース)、サブプール(15m×8m)。
・屋外プール(夏季):児童プール300㎡、幼児プール73㎡、スライダーなどがある子供向きレジャープール。
・相撲場:土俵1面。
[写真]
 
伏見港公園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報