西京極総合運動公園は、京都市西部にある京都市立公園
 
[営業情報]
休園日
無休・開放
施設休業日
年末年始
営業時間
料金
無料割引優待
リンク
 
休日カレンダー
[ピックアップイベント・年中行事]
       
・2023/2/19京都マラソン2023
9:00西京極総合運動公園スタート、平安神宮前フィニッシュ
・2022/12/25高校駅伝
男子第73回/女子第34回 全国高等学校駅伝競走大会
西京極陸上競技場がスタート→国際会館→西京極陸上競技場フィニッシュ、京都市都心部がコース
   
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急電車:西京極(徒歩10分)
駐車場
第1駐車場27台(京都市体育館前) 第2駐車場42台(スポーツ会館地下) 第3駐車場100台(陸上競技場前) 第4駐車場43台(野球場前)
住所
京都府京都市右京区西京極新明町32ほか
TEL
075-313-9131 075-315-3741(京都市体育館)
地図
[コメント]
・西京極総合運動公園(にしきょうごく そうごううんどうこうえん)は、京都市内最大の運動公園。
・1933年第1次工事竣工、1942年5月開設、面積18ha。公園のほぼ全域がスポーツ施設で占められている。
・西京極は地名で周辺には西京極を冠した町名が多い。平安時代にはこの地域が京の都の西の果てだった名残。東京極は地名として残っていないが現在の寺町京極商店街のあたり。京都市による西京極地区の整備については、西京極総合運動公園を中心とした施設を利用し、スポーツの促進と健康増進を推進するまちづくりを図ることとなっている。
・施設は貸切使用のはか、バトミントン・卓球・フットサル・ダンス・バスケットボールなどのスポーツ教室が開催されている。
・指定管理者は、京都市スポーツ協会。
[スポンサード リンク]
[運動施設]
・陸上競技場兼球技場:第1種公認陸上競技場、京都マラソンのスタート地点である。2019年までは京都サンガF.C.のホームスタジアムだった(現在は亀岡市の京都府立京都スタジアム)。2019年8月から10年間、ネーミングライツのスポンサーが電機・電子機器商社のたけびしとなったため、愛称はたけびしスタジアム京都となった。
・補助競技場:天然芝グラウンドで、サッカー・ラグビー・アメフトなどの球技に使用できる。トラックの個人利用も可能。
・野球場:1932年開設、収容人員2万人の野球場でナイター設備もある。主として大学野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が開催されている。2009年4月から15年間、ネーミングライツのスポンサーがサプリメント開発販売のわかさ生活となったため、愛称はわかさスタジアム京都である。
・京都市体育館:面積2400㎡(60m×40m)のメインアリーナをもつ大型体育館。バスケットやバレーのコート3面がとれる。プロバスケットチームの京都ハンナリーズのホームアリーナ。2011年4月から10年間、命名権契約によってハンナリーズアリーナと呼ばれていた。
・市民スポーツ会館:地域のスポーツ活動に利用されている。トレーニングルーム
・プール施設(京都アクアリーナ):冬季はアイススケートもできる。
[写真]
 
西京極総合運動公園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報