和泉市郊外にある東洋古美術を主とする美術館(Kuboso Memorial Museum of Arts,Izumi )
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替え期間
開館時間
10:00~17:00
観覧料
常設展:一般500円 高大学生300円 中学生以下無料
特別陳列:一般600円 高大学生400円 中学生以下無料
特別展:一般・高大学生は展覧会による 中学生以下無料
無料観覧日
関西文化の日(2017/11/11-12)入館無料
リンク
大阪府のホテル
 
 
   
   
12/16-1/28 常設展 中国の神々と神獣 - 拓本と青銅鏡 -
   
観覧料:一般500円 高大学生300円 中学生以下無料
2/10-3/25 常設展 四季をめぐる - 源氏絵とともに -
   
観覧料:一般500円 高大学生300円 中学生以下無料
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
泉北高速鉄道:和泉中央(駅から南海バス10分)
駐車場
無料100台
住所
大阪府和泉市内田町3-6-12
TEL
0725-54-0001
地図
[コメント]
・和泉市久保惣記念美術館(いずみしくぼそうきねんびじゅつかん)は、東洋古美術品を収蔵・展示する和泉市立美術館。
・久保惣(くぼそう)は、同地で明治期から綿織物業を営んできた企業で、その名称は初代久保惣太郎の名前に由来している。1982年の綿織物業の廃業を機に久保家から和泉市に、美術品コレクションと美術館の土地・建物が寄贈され、和泉市立美術館として1982年10月に開館した。収蔵品は久保惣コレクションを主体に合計11000点(国宝2点・重要文化財29点を含む)を超える。
・本館と新館があり、本館で企画展示を年6回開催、新館で中国の工芸品と西洋近代美術(モネ、ルノワール、ロダンなど)を常時平常陳列している。駐車場前の新館に、美術館の入口、ミュージアムショップ、カフェがある。
・また5000坪の広い敷地内には、久保惣市民ホール(音楽ホール)、久保惣市民ギャラリー、久保惣市民創作教室、茶室(登録有形文化財)など施設がある。
・綿織物業を廃業した久保家は、トヨタのディーラーに転進した。トヨタ久保グループ(トヨタ久保グループ南海およびトヨタ久保グループ新大阪)はトヨタ系の販売会社7社を擁している。
    
友の会はない。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
[写真]
 
    
和泉市久保惣記念美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報