大阪の中之島東端にある大阪市立美術館(The Museum of Oriental Ceramics,Osaka)
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28-1/4)、展示替え期間
開館時間
9:30~17:00
観覧料
常設展:一般500円、高校生・大学生300円
中学生以下・大阪市内在住の65歳以上は無料
企画展・特別展の開催中は別料金
無料観覧日
関西文化の日(2016/11/19-20)は観覧無料
リンク
 
 
情報カレンダー
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
   
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  
   
8/12-9/10 特集展「宋磁の美」
8/12-9/10 受贈記念「金子 潤」
   
観覧料:一般500円、高校生・大学生300円
9/23-12/3 国際巡回企画展「イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁」
   
観覧料:一般900円、高校生・大学生550円
12/16-3/25 特別展「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」
   
観覧料:未定
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
京阪中之島線:なにわ橋(徒歩1分) 大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線:淀屋橋(徒歩6分) 地下鉄堺筋線・京阪本線:北浜(徒歩6分)
駐車場
なし
住所
大阪府大阪市北区中之島1-1-26
TEL
06-6223-0055
地図
[コメント]
・東洋陶磁美術館は、中之島東端の中之島公園内にある大阪市立の美術館。大阪市立の美術館は、ここと天王寺公園の大阪市立美術館の2ヵ所。
・住友グループから大阪市に寄贈された安宅コレクション(破綻した安宅産業が収集した約1000点の東洋陶磁)を一般に公開するため、1982年9月に設立され、11月に開館した。
・開館後も、在日韓国人イ・ビョンチャンをはじめとして、コレクターから多数の東洋陶磁器の寄贈を受けている。
・中国・朝鮮・日本の陶磁コレクションの中から約300点を常設展示している。また年1~2回の企画展、特別展を開催している。
・ミュージアムショップとカフェ(喫茶サロン)がある。美術館観覧者以外も利用できる。
・ボランティア・ガイド(除く特別展開催期間)を土日祝に実施。11:00~及び14:00~、各90分。
[友の会]
・東洋陶磁美術館友の会には、一般会員と賛助会員がある。代表的な一般会員の個人会員は、年会費3500円。その主な特徴・特典は下記の通り。詳細は年間パスポート・友の会(美術館)を参照。
・会員期間:毎年4/1-翌3/31。年度途中でも入会可能。
・常設展・企画展の観覧(500円)が無料。
・特別展の観覧が、特別展毎に1回無料。
[スポンサード リンク]
大阪市立東洋陶磁美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報