松尾大社は、京都屈指の古社
 
 
[営業情報]
休業日
無休
開門時間
5:00~18:00
庭園拝観時間
日祝 9:00~16:30
平日・土 9:00~16:00
庭園拝観料
大人500円 学生400円 子供300円
無料割引優待
リンク
 
 
休日カレンダー
[ピックアップイベント・年中行事]
   
年中行事
   
・1/1 歳旦祭
・1/3 元始祭
・2/3 節分祭 福男・福女による『福豆まき』
・4/2 例祭
・4月中旬の酉の日 中酉祭(ちゅうゆうさい、醸造感謝祭)
・2023/4/23(4/20以降の第1日曜) 松尾祭神幸祭
・2023/5/14(神幸祭から3週間後の日曜) 松尾祭還幸祭
・6/30大袚式
・7/7 七夕まつり
・2023/7/16(7月第3日曜) 御田祭
五穀豊穣を願う祭事、京都市の無形民俗文化財
・仲秋の名月の日 観月祭 拝観料1000円
・11月上旬の卯の日 上卯祭(じょううさい、醸造祈願祭)
・12/31大袚式、除夜祭
   
イベント
   
・2023/12/2 第13回JA京都市西京農業まつり
境内で、農産物品評会と野菜・柿等の販売、10:00~12:30
・2022/11/3-12/4 令和4年度第58回非公開文化財特別公開
本殿ほか、1000円
・2022/12/3 にしきょう歴史・文化講座in松尾大社
西京区の歴史や日本酒文化についての講座と日本酒の試飲・販売
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急嵐山線:松尾大社(徒歩2分)
駐車場
約40台
住所
京都府京都市西京区嵐山宮町3
TEL
075-871-5016 
地図
[コメント]
・松尾大社(まつのおたいしゃ)は、京都市西部、松尾山の東麓にある、京都最古の神社。土着の神が渡来系の豪族・秦氏(はたうじ)の氏神となった。秦氏は桂川流域を開拓した。ちなみに洛南の伏見稲荷大社も秦氏の創建によるもの。
・松尾大社の御祭神は、大山咋神と中津島姫命の2神。大山咋神(おおやまぐいのかみ)は、松尾山を支配する神。中津島姫命(なかつしまひめのみこと)は、海上守護の女神である宗像大社の市杵島姫神(いちきしまひめかみ)の別名。
・酒造りの神様として知られており、お酒の資料館もある。観覧無料。
・社殿の背後の松尾山の斜面に、社殿建立以前の祭祀場である磐座(いわくら)がある。以前は許可制で、登拝初穂料1000円を払えば入山・見学が可能だったが、2018年の台風21号によって登坂路が損傷を受けたため、入山不可となった。
[スポンサード リンク]
[松風苑(しょうふうえん)]
・松風苑(庭園)は、上古の庭・曲水の庭・蓬莱の庭の3庭からなり、それぞれ古代・平安時代・鎌倉時代をイメージしている。
・作庭は1975年と新しく、昭和期の日本庭園。
・拝観料500円。御神像21体が展示されている神像館も入場できる。
  
[スポンサード リンク]
[写真]
 
    
松尾大社の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報