関空ちかトクきっぷ、関空アクセスきっぷ、ようこそ大阪きっぷといった関西空港関連のお得な交通チケット一覧
関西空港のお得な切符・フリーきっぷの解説
・関西国際空港は、りんくうタウン沖合いの人工島(関西国際空港島)にある。両者は連絡橋(スカイゲートブリッジ)で結ばれている。連絡橋は2階建て構造で、上が高速道路、下が鉄道線路、徒歩や自転車による通行は不可。

・関西国際空港のアクセス方法としては、電車(JR西日本および南海電鉄)・バス・高速船(神戸-関空ベイシャトル )がある。対岸との交通手段としては、電車では関空駅からりんくうタウン駅までJRでも南海でも大人370円。バスでは関空とりんくうプレミアムアウトレットを結ぶスカイシャトルがあり、運賃は大人200円小児100円。りんくうプレミアムアウトレットからりんくうタウン駅までは徒歩6分。

・関西空港と関西各地を結ぶ、お得な連絡切符が各種揃っている。南海電車(関空~なんば)を使うものが主流だが、リムジンバスの往復割引や高速船ベイシャトルのポートライナーセット券もある。

・関空から南海電車経由で関西各地に向かうお得な切符がある。おすすめはようこそ大阪きっぷ(旧大阪出張きっぷ)で、難波までの特急ラピート乗車券に大阪市交通局1日乗車券が付いて大人1500円。1日乗車券が必要なければ1000円の関空ちかトクきっぷもある。関空ちかトクきっぷは大阪市内から関空に向かう場合も使える。神戸・京都・奈良方面については、それぞれ神戸アクセスきっぷ京都アクセスきっぷ奈良アクセスきっぷがある。

・神戸・京都エリアから関空に向かうお得な切符としては、それぞれ関空アクセスきっぷ(阪神版)関空アクセスきっぷ(阪急版)が便利。

・関西各地へのリムジンバス便も充実している。荷物が多くて、ホテルなど特定の場所に向かいたいときに便利だが、交通渋滞で到着時間が遅れることはある。片道料金はともかく、往復料金は割安に設定されている。復路については往路乗車日から14日間有効(神戸については30日間)。下表は関空と各地の料金と所要時間の一覧表。鉄道(南海・JR)ともろに競合する関空-難波の便が突出して安い。
[スポンサード リンク]
方面 のりば・おりば 料金 所要時間
大阪空港(伊丹) 大阪空港7Cほか  片道1950円
往復3500円
約75分
大阪駅前・梅田 ハービス大阪・新阪急ホテルほか 片道1550円
往復2760円
約50分
上本町・心斎橋 シェラトン都ホテル大阪ほか 片道1550円
往復2800円
約50分
難波 OCAT 片道1050円
往復1850円
 約48分
南港・天保山 USJ・海遊館・ハイアットリージェンシー大阪ほか 片道1550円
往復2700円
 約70分
西宮 阪急西宮北口・JR西宮ほか 片道1750円
往復3080円
 約75分
神戸三宮 各線三宮駅前ほか 片道1950円
往復3080円
 約65分
茨木 JR茨木東口・阪急茨木東口 片道2050円
往復3100円
 約70分
京都 京都駅八条口・京都市役所前ほか 片道2550円
往復4180円
 約90分
奈良 JR奈良駅・近鉄奈良駅・奈良ホテルほか 片道2050円
往復3900円
 約85分
和歌山 JR和歌山駅ほか 片道1150円
往復2100円
 約40分
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報