エンジョイエコカード、大阪周遊パス、大阪ぐるりんパスといった大阪市のお得な切符・フリーきっぷ・フリーパス一覧
大阪市のお得な切符・フリーきっぷの解説
・大阪市は他の政令都市と比べると面積はそれほど広いわけではなく、しかも地下鉄網が整備されているので、観光でも仕事でも回りやすい。お得な切符の代表は手軽なエンジョイエコカード。

・大阪メトロ・大阪シティバス(旧大阪市交通局)のエンジョイエコカードは、地下鉄・ニュートラム・バスが全線乗り放題になる1日乗車券。大阪市内の移動はこれ1枚で十分。

大阪周遊パス1日券大人2700円は、大阪市内を中心に電車(除くJR西日本)・市バスが乗り放題になる1日乗車券に観光スポットの優待券がついたもの。大阪城天守閣・四天王寺・HEP FIVE観覧車・ 天王寺動物園など約50の施設に無料入場できる。有効に使えばお得度は高い。大阪の観光スポットを回りたい人におすすめ。2015年度から2日券(除くJR西日本と私鉄)も登場した。2日券の導入に伴い、従来からの大阪周遊パスは大阪周遊パス1日券という名称に変更になった。

大阪ぐるりんパスは、JR西日本の企画乗車券で、JR西日本管内のJR駅からJR大阪自由周遊区間までの往復、大阪自由周遊区間乗り降り自由、海遊館・天王寺動物園・大阪城天守閣などの観光施設の入場などがセットになったお得なきっぷ。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)入場予約券と同時に購入する。3日間有効なので西日本在住の人の大阪観光旅行に向いてる。

・大阪シティパスは、大阪都心部の観光遊覧パス。大阪メトロ・大阪シティバスが全線乗り降り自由、2階建てバスの大阪ワンダーループが乗り降り自由、そして大阪市内の川をクルーズする大阪ワンダークルーズに1回乗船できる。3000円の1日券と3500円の2日券がある。

水都大阪 満喫チケットは、観光クルーズ3種類1日乗船券と、大阪メトロ・大阪シティバス1日乗車券と、食事やお土産に使えるバルチケット3枚をセットにした、お得なチケット。水路から大阪を眺めてみたい人にお勧め。

OSAKA海遊きっぷは、天保山ハーバービレッジにある屋内型水族館の海遊館入館券に、アクセス用の1日乗車券を付けたお得なきっぷ。大阪市内版を基本として、関西各地からの私鉄版が揃っている。

ひらパーGo!Go!チケットは、京阪電車枚方公園駅から徒歩5分の遊園地・ひらかたパークの入園券に、アクセス用の乗車券を付けたお得なきっぷ。京阪電車版を基本として、関西各地からの私鉄版が揃っている。
[スポンサード リンク]
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報