てくてくきっぷ、堺都心1日フリーカード、堺おもてなしチケットといった堺市内のお得な交通チケット一覧
堺市のお得な切符・フリーきっぷの解説
・堺市は、大阪市の南側に隣接する政令指定都市。面積は大阪市の3分の2、人口は3分の1あるが、公共交通は大阪市に比べると著しく見劣りする。

・鉄道は、海寄り(西側)については、南北を縦断する路線はそれなりに充実している。西から東に順に、南海本線、阪堺電車(路面電車)、南海高野線、JR阪和線、大阪市営地下鉄御堂筋線(なかもず駅まで)が通っている。中百舌鳥(なかもず)からは、泉北高速鉄道が堺市南部と和泉市を結んでいる。東西を横断する路線については、南海高野線が部分的に通っているだけで、無いに等しい。

・したがってバスが堺市内の東西交通の主役となっている。2015年からは、堺都心部を周遊する巡回バスの堺まち旅ループがスタートし、便利になった。ただし運行日は土日祝のみ。南海バスの1日乗車券である堺都心1日フリーカードと全線1日フリーカード、南海バスと阪堺電車を組み合わせた1日乗車券の堺おもてなしチケット(南海バス拡大版と阪堺拡大版)も堺まち旅ループが利用できる。

・南海電鉄に堺市を含んだ1日乗車券はない。
・泉北高速鉄道に1日乗車券はない。
・阪堺電車の1日乗車券はスクラッチタイプのてくてくきっぷ
・大阪市交通局のエンジョイエコカードで、御堂筋線なかもず駅まで来ることはもちろん可能。

・堺おもてなしチケットは、阪堺電車と南海バスを組み合わせた企画乗車券。阪堺電車の有効区間を堺市内に限定した南海バス拡大版と、全線有効の阪堺拡大版と2タイプある。一般的には自由度の高い後者をお勧めするが、堺市内に滞在して、市外に出るつもりが無い人には前者で十分。
[スポンサード リンク]
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報