尼崎市農業公園は、自然の中の開放植物園
 
[営業情報]
休園日
無休
開園時間
開放
入園料
無料
無料割引優待
年間パスポート
リンク
花の名所
 
 
[ピックアップイベント]
      
花暦
     
梅・・・2中~3中
桜・・・4上~4下
ボタン・・・4下~5上
バラ・・・5上~5下、10中~11下
ハナショウブ・・・6上~7下
アジサイ・・・6下~7上
ヒマワリ・・・7下~8中
コスモス・・・10下~11下
    
  
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR宝塚線:猪名寺 阪急神戸線:園田 (各駅から阪神バス)
駐車場
22台(最初の30分無料)
住所
兵庫県尼崎市田能5-12-1
TEL
06-6489-6542(経済部農政課) 06-6492-1777(田能資料館)
地図
[コメント]
・尼崎市農業公園は、尼崎市の北東端の農園風植物園で、花の名所。尼崎市では植物園ではなく農業公園として経済部農政課が管理している(普通の公園は土木部が管理)。尼崎市は上坂部西公園(JR宝塚線塚口駅徒歩2分)を都市緑化植物園と位置づけている。
・農業公園に常駐職員はいなくて、栽培業者への委託と、地元農家やボランティアによって維持されている。
・兵庫県尼崎市と大阪府豊中市の境を流れる猪名川(いながわ)に面していて、工業都市の尼崎市としてはまだ自然が残されているエリアにある。堤防沿いにはサイクリングコースもある。
・尼崎市農業公園の面積は3.7ha、芝生広場、花畑、竹林、フジ棚などがある。レストランや売店はない。
・主な植物は、梅林130本、牡丹600本、ハナショウブ70種・20000株、バラ100種・3000株。桜も約20種・200本あるが、尼崎市内の桜の名所としては西武庫公園(桜500本)や武庫川河川敷緑地(桜2000本)の方が知られている。
[スポンサード リンク]
[田能資料館]
・田能資料館(たのしりょうかん)は、農業公園の東400mの場所にある尼崎市立博物館。田能遺跡(弥生時代集落)から出土した遺物を収蔵・展示している。屋外に竪穴住居を復元した史跡公園でもある。
・月休、10:00~17:00、入館無料。
・田能資料館は、伊丹市への飛び地のように猪名川の東岸に位置しているので、農業公園から徒歩で向かうときは猪名川橋を渡る必要がある。無料駐車場25台。
尼崎市農業公園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報