明石市明石公園は、明石駅の北側にある歴史公園
 
 
[営業情報]
休園日
無休
2020/4/29-5/6駐車場閉鎖
開園時間
開放
料金
入園無料
施設休館日
サービスセンター:年末年始
花と緑のまちづくりセンター(緑の相談所):火
ボート:火、冬季平日
リンク
 
 
休日カレンダー
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 
[ピックアップイベント]
       
・2020/2/22-24第9回 明石公園冬の味覚市
・2020/3/1-31坤櫓(ひつじさるやぐら)の公開、12:00~13:00、無料
・2019/3/29-4/2桜のライトアップ
・2020/4/1-5明石公園さくらまつり ←中止
・2019/4/5-7スローライフフェスタ2019
・2019/4/27第22回 明石薪能、有料
・2019/4/28-29明石能舞台コンサート、有料
・2019/4/27-29第3回明石肉フェスタ2019
・2019/5/1-6ご当地グルメイベント
・2019/5/2あかし伝統夢まつり
・2019/5/3忍者ショー
・2019/5/5-6 AKASHI-JO 400 FES  Girls & Owarai Entertainment
・2019/5/21-26第41回明石公園さつき展
明石公園花と緑のまちづくりセンターにおいてさつき盆栽展
・2020/6/14 時のウィーク2020メインデー(メインイベント)←中止
ブースフェスティバルやフリマなど
・2019/7/15第8回明石・時感動アクアスロン大会(大蔵海岸)
・2019/8/17-18タイフェア明石2019
10:00~20:00、入場無料
・2020/8/29-30第9回明石公園納涼フェスティバル ←中止
16:00~21:30、ステージイベントや屋台
・2020/9/20-27 2020ひょうごまちなみガーデンショー in 明石
明石公園を中心に明石の街で花と緑のイベント→公式サイト
・2020/10/3第24回 明石薪能
17:30~、3000円
・2019/10/12-14明石城まつり2019
・2019/10/13第19回明石子午線どんとこいまつり(明石城まつりの二日目に共催)
・2019/10/19-20第41回兵庫県民農林漁業祭
・2019/10/19-11/11第91回明石公園菊花展覧会
・2019/10/20メリディアン・マーチングフェスタ2019
マーチング演奏などの音楽イベント
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR神戸線:明石(徒歩5分) 山陽電鉄:山陽明石(徒歩5分)
駐車場
県営駐車場134台(30分未満無料) 兵庫県園芸・公園協会駐車場366台
住所
兵庫県明石市明石公園1-27
TEL
079-562-3040 078-918-2405(花と緑のまちづくりセンター)
地図
[コメント]
・明石公園(あかしこうえん)は、明石城跡を基にした兵庫県立公園。1918年(大正7年)4月開園で、兵庫県立公園としては舞子公園に次いで古い。ただしその前から城跡公園ではあった。
・明石城は明石藩主の居城だがもともと天守閣は造られていない。江戸時代前期の巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)は重要文化財。櫓(やぐら)といえど小さな城の天守閣ほどの大きさと存在感がある。櫓のそびえる本丸は高台になっていて、公園南側の明石駅をはじめ明石中心市街地が見渡せる。
・交通アクセスにすぐれた面積54.8haの都市公園(広域公園)で、年間250万人程度の来園者があり、兵庫県立公園の中では最も利用されている。歴史があるため樹木が多いが、広い芝生広場も園内各所に設けられているし、園路が幅広なこともあって、特に本丸の南側は開放感にあふれている。スポーツ施設が目に入ることもあり、歴史ある公園にしては大味な印象も受ける。
・イベントは正面入口そばの西芝生広場で開催されることが多い。入口近くの西芝生広場、こども広場、東芝生広場は、明石市民の憩いの場になっている。
・ソメイヨシノ1000本のある桜の名所で、日本さくら名所100選に選定されている。さらにヤエザクラ150本を補助競技場周辺に植樹。
・武蔵の庭園は、サービスセンターの北側にある乙女池周りに整備した回遊式の日本庭園。敷地面積は約1haだが、高垣等ではっきり区切られているわけではない。宮本武蔵(1584-1645)が明石城内に造った樹木屋敷(現在の陸上競技場の場所にあった藩主の別邸)の記録をもとに再現・作庭し、2003年11月にオープンした。一般的な大名庭園のもつ壮大さのない、どちらかといえば地味な庭園で、あらかじめ知っていなければ庭園と気づかずに横を通り過ぎる人も多そう。
・宮本武蔵は播磨(現在の高砂市)の出身。明石藩初代藩主の小笠原忠政(忠真)の客分として明石城に滞在した。武蔵の庭園の東側には薔薇300本のバラ園がある。
・大きな剛の池が本丸の北側にある。桜は剛の池周りが最も華やか。池の南端にある花と緑のまちづくりセンターの屋上庭園から、池と周囲の桜が一望できる。一方、紅葉は城跡北側の桜堀が美しい。
・剛の池ではボートにも乗れる(有料)。手漕ぎボートと足漕ぎボート(サイクルボート)がある。ボートに乗って花見も可能。
・スポーツ施設としては、野球場、陸上競技場、テニスコート12面、弓道場、球技場・自転車競技場などが公園西部から北部にある。子供向け大型遊具の設置された子どもの村もある。
・園内に、兵庫県立図書館と、あかしふるさと図書館がある。また隣接して明石市立文化博物館がある。
・園内にレストランはない。サービスセンター内のカフェで軽食はとれる。
・公園内で、バーベキュー、ドローン、釣りなどは禁止。自転車は通行可。
・日本の都市公園100選に、兵庫県から須磨離宮公園、甲山森林公園と共に選ばれている。また、さくらの名所100選に、兵庫県から姫路城、夙川公園(夙川河川敷緑地)と共に選ばれている。両方に選ばれているのは、関西では、明石公園のほかには大阪城公園と奈良公園だけ。
[スポンサード リンク]
[あかしふるさと図書館]
・旧明石市立図書館の2階の1室を地元明石市関係の資料館としたもの。明石市立図書館は2017年にあかし市民図書館に名称を変更して明石駅南側のパピオスあかし4Fに移転した。
・休館日:日月祝、年末年始
・開館時間:9:00~17:00、入館無料。
    
明石公園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報