北山緑化植物園は、西宮市北部の開放的な植物園
 
[営業情報]
休園日
無休
開園時間
開放
入園料
無料
施設(緑の相談所、北山山荘、展示温室、植物生産研究センター)休館日
水(祝日の場合は翌日)、12/29-1/3
2020/3/5-5/6緑の相談所・展示温室・植物生産研究センター臨時休館、当面の間延長、6/1再開、詳細は公式サイトを参照
施設(緑の相談所、北山山荘、展示温室、植物生産研究センター)営業時間
10:00~16:00
リンク
花の名所
 
 
[ピックアップイベント]
      
定例イベント
     
・花と緑の教室:年間20回前後開催する園芸教室、要事前申込み、有料。
・展示:緑の相談所の展示コーナーでは、生け花展、写真展、絵画展などを開催。
・花苗販売:市民ガーデンセンターでは、植物生産研究センターで開発された西宮市オリジナル植物などを常時販売している。
・緑の相談:火水を除く、12:00~16:00。対面だけでなく電話相談も受け付けている。
    
  
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急甲陽園線:甲陽園(徒歩40分) 阪急神戸線:夙川(駅からバス15分)
駐車場
有料63台
住所
兵庫県西宮市北山町1-1
TEL
0798-72-9391(管理事務所) 0798-72-9387(緑の相談所)
地図
[コメント]
・西宮市北山緑化植物園は、夙川上流の標高約180mの丘陵地帯に位置する植物園。広い北山公園(林野庁の管理する北山自然観察教育林)の一角にあり、公園内のハイキングコースを利用してアクセスすることもできる。
・北山緑化植物園の地下は、六甲トンネルが東西に通っていて山陽新幹線が走っている。100m以上地下の話なので、もちろん振動や騒音はない。
・施設は水曜定休だが、駐車場は水曜日も営業しており、園内を散策するのは自由。
・北山緑化植物園は、1982年7月にオープンした西宮市立植物園で、面積は9ha。主な施設として、緑の相談所・市民ガーデンセンター、北山山荘と日本庭園、展示温室、植物の品種改良などを行う西宮市植物生産研究センター、バラやアジサイなどの花壇、一見地味な薬草園、野菜やハーブを栽培するキッチンガーデンなどがある。レストランはない。
・園内禁煙、ペット入園不可。
[スポンサード リンク]
[北山山荘]
・北山山荘は、植物園内にある数奇屋造りの平屋建て日本家屋で、日本庭園が附属している。1985年の西宮市市政60周年を記念して、故木村吉太郎氏(西宮市雲井町在住)から寄贈された土地の売却代金を用いて建設し、1987年5月に完成した。
・庭園は無料で公開している。また、室内での呈茶を春秋の金土日祝に開催、500円。山荘を借り切ることもできる(有料)。
  
[スポンサード リンク]
兵庫県の庭園
荒牧バラ公園
永沢寺花しょうぶ園
淡路景観園芸学校アルファガーデン
あわじ花さじき
・明石城武蔵の庭園(明石公園
播磨中央公園ばら園
・好古園(姫路城
赤穂城本丸庭園・二の丸庭園
[写真]
 
    
北山緑化植物園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報