神戸市東部の閑静な高級住宅街にある東洋古美術美術館(Kosetsu Museum of Art)
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日) 展示替え期間
開館時間
10:00~17:00
観覧料
コレクション展:大人700円 高大生450円 中学生以下無料
企画展:大人800円 高大生500円 中学生以下無料
無料観覧日
リンク
ぐるっとパス関西
神戸市のホテル
 
 
   
10/7-12/17 コレクション展 利休と剣仲 千利休と藪内剣仲 ー侘数寄の心
   
3/1-4/8 コレクション展 刃金の美 刀剣・甲冑名品展
  
4/21-6/17 企画展 月山貞一没後100年「明治の刀工 月山貞一と村山龍平」(仮)
  
7/10-9/30 企画展 生誕170年・没後100年記念「鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男」(仮)
  
10/13-12/23 企画展 伊勢・川喜田家の茶の湯―川喜田半泥子を育てた名品「石水博物館の茶道具 」(仮)
  
  
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
阪急:御影(徒歩5分) JR神戸線:住吉(徒歩15分)
駐車場
なし
住所
兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
TEL
078-841-0652
地図
[コメント]
・香雪美術館(こうせつびじゅつかん)は、神戸市東部の閑静な住宅街にある東洋古美術の美術館。阪急線の南側に位置しているが、阪急線の北側にはやはり東洋古美術を収蔵・展示する白鶴美術館がある。
・朝日新聞社の創業者の1人・村山龍平(1850-1933)の収集した、日本と東洋の古い時代の絵画、書跡、仏教美術、茶道具、武具などを展示する。コレクションには重要文化財19点を含む。1973年11月開館。香雪(こうせつ)は村山の号。
・例年春と秋のコレクション展で、収蔵美術品を一般に公開する。また日本の美術作家をとりあげて企画展を開催している。
・香雪美術館は、敷地5000坪に及ぶ旧村山邸内にある。1908~1918年頃に建てられた建物と蔵・門を含む土地は「旧村山家住宅」として重要文化財建造物に指定されている。旧村山家住宅の外観と庭園を観賞できる庭園特別見学会を春と秋にそれぞれ複数回開催している。参加費300円、公式サイトからメールで申し込む。
・2018年春に、中之島香雪美術館が、中之島フェスティバルタワー・ウエスト4Fにオープンする。香雪美術館の分館として、村山コレクションを展示する。両館とも公益財団法人 香雪美術館の運営。
・友の会はない。
[スポンサード リンク]
香雪美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報