人工島・六甲アイランドにあるファッション専門美術館(KOBE FASHION MUSEUM)
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日) 年末年始(12/29-1/3) 展示替え期間(展示室のみ)
2020/3/3-15臨時休館、3/17から再開、ただしライブラリー・ギャラリー等は3/31まで閉鎖、4/13まで閉鎖延長、4/9-5/6全館休館、6/1まで延長、5/19再開
2021/4/25-5/11臨時休館、5/12再開、詳細は公式サイトを参照
開館時間
10:00~18:00
観覧料
特別展示:展覧会により異なる
コレクション展示単独:一般200円 大学生・65歳以上100円 小中高生無料
65歳以上の神戸市民は無料(要証明書)
無料観覧日
KOBE観光の日(2017/10/3)入館無料
関西文化の日(2017/11/18-19)入館無料
リンク
ぐるっとパス関西
神戸市のホテル
 
 
休日カレンダー
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2023/2/18-3/26 特別展「日展神戸展」
  
入館料:
2022/11/19-2023/1/29 神戸ファッション都市宣言50周年記念 特別展 「祝祭の景色 世界の結婚式」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2022/9/10-11/6 特別展「もうひとつの顔 ロバート・キャパ セレクト展」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2022/6/25-8/28 特別展 生誕100年 山下清展ー百年目の大回想
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2022/4/16-6/12 神戸ファッション美術館 開館25周年記念「華麗なる宝塚歌劇衣装の世界」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2022/1/29-3/27 特別展「光の芸術家 ゆるかわふうの世界 ~宇宙(そら)の記憶~」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2021/11/20-2022/1/16 特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2021/9/11-11/7 特別展「深堀隆介展 金魚鉢、地球鉢」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2021/7/3-8/29 特別展「原田治展 『かわいい』の発見」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2021/4/10-6/20 特別展「吉村芳生~超絶技巧を超えて~」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2021/1/30-3/28 特別展「こわくて、たのしいスイスの絵本展~クライドルフ、フィッシャー、ホフマンの世界~」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2020/11/21-2021/1/17 特別展「にじいろのさかな原画展~マーカス・フィスターの世界~」
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2020/9/19-11/8 特別展 デンマーク・デザイン
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2020/5/19-8/30 Treasures of Fashion ヴァレリー・スティールの審美眼
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
2020/2/1-3/29 長くつ下のピッピの世界展
  
入館料:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
[イベント]
   
2019/6/29-30 コシノヒロコ ファッションショー GET YOUR STYLE!
  
於:5Fオルビスホール、観覧無料
   
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
六甲ライナー:アイランドセンター(徒歩2分)
駐車場
タイムズ神戸ファッションプラザ駐車場517台
住所
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL
078-858-0050 078-858-1520(神戸ゆかりの美術館)
地図
[コメント]
・神戸ファッション美術館は、六甲アイランド・神戸ファッションプラザ内にある、ファッション産業・文化の振興を目的とする神戸市立美術館。延床面積は、神戸ゆかりの美術館との共用部分を含めて12128㎡、1997年4月開館。
・神戸ファッション美術館は、神戸ゆかりの美術館と同じく神戸ファッションプラザの1Fにある。神戸ファッションプラザに入るためのエスカレーター脇にある美術館用の入口から入ると共通のホールがあり、右手が神戸ファッション美術館、左手が神戸ゆかりの美術館。
・ファッション専門美術館で、特別展示とベーシック展示がある。特別展示は以前から年4回程度開催されていた展覧会。ベーシック展示は、デザイナー作品や民族衣装など多様な収蔵品を展示するもので、2016年度までは服飾ガイドという名で年度を通して展示されていた。2017年度から特別展示の会期に合わせて、テーマを変えて展示されている。入館料でどちらの展示も見ることができた。2018年度からベーシック展示はコレクション展示となった。特別展示、コレクション展示各単独開催の場合もあれば、併催の場合もある。併催の場合は特別展示の料金で両方観ることができる。集客に苦労していることを反映して展覧会および料金設定が迷走している。
・3Fのライブラリーはファッション関連図書40000冊を保有するファッション図書館。入場・閲覧自由、貸出不可。
・オルビスホール(424席の円形多目的ホール)、セミナー室、ギャラリーといった附属施設があり、一般に貸し出している。
・セミナー室を使って服飾文化セミナーを開講している。隔月、1回500円、先着順。
・1Fに、神戸ゆかりの美術館もあり、神戸に関わりのある人物の作品を展示している(別掲)。神戸ファッション美術館の一部を改装して分離独立する形で2007年3月開館した。神戸ファッション美術館の当日入館券(半券)提示により割引になる。
・神戸ファッション美術館および神戸ゆかりの美術館の管理運営は、神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体。その前は公益財団法人神戸市産業振興財団だった。
[ピックアップイベント]
    
    
神戸ファッション美術館 友の会
・個人会員(年会費一般700円、高校生350円、65歳以上350円)と、法人会員(年会費15000円)がある。
・主な特典は、年3回まで入館無料になる、服飾文化セミナー受講料が半額になるなど。
[スポンサード リンク]
  
[スポンサード リンク]
[写真]
 
    
神戸ファッション美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報