兵庫県中東部にある県立美術館(The Museum of Ceramic Art, Hyogo)
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日) 年末年始(12/31-1/1)
2020/3/7から臨時休館(コロナ対策)、3/31まで休館延長、4/7まで延長、4/30まで延長、5/6まで延長、5/31まで延長、5/26再開、2021/4/25-5/11臨時休館、詳細は公式サイトを参照
開館時間
4-10月 10:00~19:00 7-8月の特別展開催中の金土GW~21:00
11-3月 10:00~18:00
入館料
展覧会により異なる
無料観覧日
2019/9/6関西文化の日プラス常設展観覧料相当分無料
関西文化の日(2020/11/14-15)常設展相当分無料
2019/2/24平成天皇在位三十年慶祝常設展無料
リンク
ぐるっとパス関西
兵庫県のホテル
 
 
2021/3/20-5/30 開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」
  
一般1000円 大学生800円 高校生以下無料 70歳以上500円
2021/6/12-8/29 赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―
  
  
[過去の展覧会]
2018/5/23-2019/3/24 テーマ展 丹波焼の世界 season2
  
特別展開催期間:特別展料金に含む
特別展非開催期間:一般200円 大学生150円 高校生以下無料 70歳以上100円
2019/3/27-2020/3/22 テーマ展 丹波焼の世界 season3
  
特別展開催期間:特別展料金に含む
特別展非開催期間:一般200円 大学生150円 高校生以下無料 70歳以上100円
   
2019/3/16-6/2 特別展 瀬戸ノベルティの魅力―世界に愛されたやきものたち―
一般1000円 大学生800円 高校生以下無料 70歳以上500円
2019/6/15-9/29 特別展 恋する古伊万里 -かたちとデザインの魅力-
  
一般600円 大学生500円 高校生以下無料
2019/10/12-12/15 特別展「神業ニッポン 明治のやきもの―幻の横浜焼・東京焼―」
  
一般1000円 大学生800円 高校生以下無料 70歳以上500円
2020/1/2-2/16 TAMBA NOW⁺ 2020
  
一般600円 大学生500円 高校生以下無料
2020/3/7-7/26 特別展 The 備前 ~土と炎から生まれる造形美~
  
一般1000円 大学生800円 高校生以下無料 70歳以上500円
2020/9/12-11/29 開館15周年記念特別展 「出石焼-但馬の小京都で生まれた珠玉のやきもの」
  
一般1000円 大学生800円 高校生以下無料 70歳以上500円
2020/12/12-2021/2/21 特別展 ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼-
  
一般600円 大学生500円 高校生以下無料 70歳以上300円
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR福知山線:相野(駅からバス15分)
駐車場
無料58台
住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4
TEL
079-597-3961
地図
[コメント]
・兵庫陶芸美術館(ひょうごとうげいびじゅつかん)は、丹波篠山の山中にある、兵庫県立芸術施設。2005年10月開館。
・当館は、丹波焼の産地である「丹波焼の里」に位置している。丹波焼は、平安時代からの陶器の産地であるは篠山市今田地区で焼かれたものをいう。
・当館は、兵庫県の陶芸文化の振興と、陶芸作家の育成を目的としている。また地域活性化にも寄与している。年間10万人程度の利用者があり、交通アクセスの悪い田舎にしてはかなり多い。
・収集した丹波焼を含む国内の陶芸作品(コレクションは1900点あまり)を紹介するテーマ展と、幅広く内外の陶芸作品を紹介する特別展を開催している。
・約4.9haの敷地に、エントランス棟(インフォメーション・レストラン虚空蔵・工房・展望デッキ)、展示棟(展示室5室)、研修棟(セミナー室・談話室)、管理棟(図書室、県民ギャラリー)、茶室がある。第1駐車場の前にエントランス棟があり、1階の入口から入る。
・16000冊の蔵書を備えた陶芸関係の専門図書室は、事前に申し込めば誰でも利用できる。
・兵庫陶芸美術館の南側に、丹波伝統工芸公園「陶の郷(すえのさと)」がある。こちらは篠山市の施設で、丹波焼の産業振興と、篠山市の観光振興が目的。指定管理者は丹波立杭陶磁器協同組合。年中無休、入園料200円。
・友の会はない。
[スポンサード リンク]
兵庫陶芸美術館の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報