尼崎の街の特色とお勧め観光スポットの解説および年間イベント情報
尼崎の街
最寄駅 阪神:尼崎 JR:尼崎 阪急:塚口
駐車場
住所 兵庫県尼崎市
TEL 050-3772-5410(あまらぶi+Plus)
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
   
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
・尼崎市は、阪神エリアの東南部に位置し、東隣は大阪市、西隣は西宮市。兵庫県の市だが、市外局番は06で大阪市と同じ。
・南部を中心に工業都市の色彩が強く、観光スポットは少ない。西武庫公園(交通公園)、尼崎スポーツの森、武庫川河川敷緑地、尼崎市農業公園といった緑地・行楽スポットがある。

・尼崎市の繁華街は、阪神・JR・阪急の各沿線沿いに分散している。阪神尼崎駅とJR尼崎駅は直線2km、JR尼崎駅と阪急塚口駅は同じく2.8km離れていて、繁華街としては互いに全く独立している。また尼崎市役所や尼崎税務署など行政機関はJR立花駅が最寄駅となっているものが多い。

・阪神尼崎駅の繁華街はアーケード商店街が中心。中央商店街は駅北口の西側から西方へ700m程続く(中央一番街~中央五番街)。中央五番街で南北の三和本通商店街とクロスする。
・阪神尼崎駅の西改札前に高架下商業施設・アマスタアマセン(旧尼センデパート)がある。また駅前にはショッピングセンターのアマゴッタがある。アルカイックホールのある尼崎市総合文化センターもここにある。
[スポンサード リンク]
・JR尼崎駅の北口は、再開発によって大型の商業施設が集積したことで近年賑わいを見せている。1990年代にJR尼崎駅北(潮江)地区の再開発が進みアミング潮江となった。また隣接するキリンビール工場跡地が2009年に複合商業施設COCOE(ココエ)としてオープンしたが、、その後東急不動産が買収し、2013年にあまがさきキューズモールに名称変更した。南口には家電量販店のエディオンJR尼崎駅店がある。
・JR尼崎駅は東海道本線(JR神戸線)だけでなく、福知山線(JR宝塚線)とJR東西線が乗り入れており、交通結節点になっている。また構内(改札外)に観光案内所の「あまらぶ i + Plus(アイ・プラス)」がある。

・阪急沿線では塚口駅の南口に塚口さんさんタウンがある。阪神やJRの駅に比べると繁華街は小振り。塚口駅からは北の伊丹に向けて阪急伊丹線の鉄道路線がある。稲野駅近くに日帰り温泉もある複合商業施設のつかしんがある。
[スポンサード リンク]
(注)情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
尼崎エリアの商業施設・ショッピングセンター一覧