咲くやこの花館は、大阪市内東部にある大阪市立植物大温室
 
[営業情報]
休館日
月(祝日の場合は翌日) 年末年始(12/28-1/4)
夏季臨時開館日あり
開館時間
10:00~17:00
レストラン11:00~15:30
料金
大人500円
無料割引優待
・中学生以下は無料(要証明書)
・大阪市に居住する65歳以上は無料(要証明書)
・2019/2/24天皇在位三十年慶祝入館無料
・2019/10/22即位礼正殿の儀記念入場無料
・2019/11/16-17入館無料(関西文化の日)
大阪周遊パス
年間パスポート
年間パスポート:2500円、記名式、購入日から1年間有効。
リンク
花の名所
 
 
休日カレンダー
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
   
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
   
[ピックアップイベント]
        
年間イベント
  
・2019/4/27-5/6熱帯フルーツ展
・2019/5/10-12大阪ばら祭2019
・2019/7/2-9/23虫を食べる植物展2019
・2019/11/12-17秋の洋ラン展、11/14-17に洋ラン特別販売会
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
大阪メトロ長堀鶴見緑地線:鶴見緑地(徒歩10分)。
駐車場
鶴見緑地駐車場2133台
住所
大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163
TEL
06-6912-0055
地図
[コメント]
・咲くやこの花館は、鶴見緑地内、展望塔隣に位置する、スイレンの花をイメージしてデザインされた全面ガラス張りの植物館。2階建てで延床面積約0.7ha。鶴見緑地のシンボル施設。
・鶴見緑地自体が、1990年に開催した国際花と緑の博覧会の跡地を公園にしたものなので、いわば全体が庭園・植物園になっている。咲くやこの花館は、その広大な植物園の中の温室の役割を持っている。
・咲くやこの花館自体は、花の万博における大阪市のパビリオン。1990年9月に万博が閉幕した後、翌1991年4月に大阪市の植物館としてリニューアルオープンした。
・温室だけでなく冷室(高山植物室、極地植物室)も備え、地球上のあらゆる気候帯の植物約5500種を栽培展示している。
・館内に、花とみどりの相談コーナー、レストラン、ミュージアムショップがある。
・大阪市の植物園施設はここと長居植物園の2ヵ所。長居植物園の面積は約24.2ha。単体では咲くやこの花館よりも長居植物園の方がはるかに広いが、122.6haある鶴見緑地全体を植物公園ととらえると逆転する。
[スポンサード リンク]
[フラワーツアー]
・フラワーツアーは植物館内の無料ガイドツアー、所要約30分。
・当日、館内案内所で受付。各回先着20人。
・1日3回、11:00、13:00、15:00スタート。
・月1回、館内にあるハワイの植物や外来植物などを観察・解説するハワイフラワーツアーも開催している。
  
[スポンサード リンク]
大阪市の植物園
咲くやこの花館
長居植物園
大阪観光お役立ち情報
交通機関
大阪へのアクセス
大阪市内交通・大阪府内交通
・キタ(梅田)駐車場(地図)
・ミナミ(心斎橋・難波)駐車場(地図)
観光名所とモデルコース
大阪府内観光案内所(地図)
・梅田エリア観光地図
・心斎橋エリア観光地図
・難波エリア観光地図
・大阪城エリア観光地図
・天王寺エリア観光地図
・大阪ベイエリア観光地図
・万博公園エリア観光地図
・堺観光地図
[写真]
 
    
大阪市立咲くやこの花館の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報