北野天満神社は、六甲山系山麓にある天満宮で、北野異人館街の展望台・夜景スポットでもある
 
[営業情報]
休場日
無休
拝観時間
7:00~17:00
料金
無料
無料割引優待
年間パスポート
リンク
 
 
休日カレンダー
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
   
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[ピックアップイベント]
       
・例年5/3北野国際まつり
神戸在住外国人が参加する国際色豊かなフェスティバル
11:00~16:00
北野国際パレードも実施
・例年11/3神戸北野国際芸術祭(北野国際交流祭)
北野町広場(音楽ステージ)、北野天満神社境内(舞踊パフォーマンス、飲食物販ブース)
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR新幹線・地下鉄新神戸(徒歩15分) JR神戸線:三ノ宮、阪急・阪神:神戸三宮、地下鉄山手線:三宮(各駅から徒歩20分)
駐車場
なし
住所
兵庫県神戸市中央区北野町3-12
TEL
078-221-2139 
地図
[コメント]
・北野天満神社は、北野異人館街の一角にある天満宮。風見鶏の館の東隣の石段を登ると、標高80mの境内から三宮を中心とした神戸市街地中心部を間近に見下ろすことができる。
・平清盛が福原遷都に際して京都の北野天満宮を勧進した(1180年)もので、北野の地名の由来となった。天満宮は菅原道真(845-903)を祀る神社。菅原道真は江戸時代以降は学問の神様として知られているが、北野に勧進されたのは福原(ふくはら)の都の鬼門鎮護のためだった。福原京は北野神社の南西数キロのあたり一帯に平氏によって計画された幻の都。
・現在の社殿は1724年に造営されたもの。境内の一番目立つところにある拝殿は、北野国際まつりなどの際は舞台として使用される。
[スポンサード リンク]
神戸北野天満神社の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報