神戸布引ハーブ園は、神戸市繁華街を見下ろす香りの庭園
 
[営業情報]
休業日
無休、2月に整備休園期間あり
2019/2/15-28休園
営業時間
春(3/20-7/19)秋(9/1-11/30)の土日祝と夏:10:00~20:30
春・秋の平日と冬(12/1-3/19):10:00~17:00
展望プラザレストラン11:00~15:00
ザ・ヴェランダ神戸10:30~16:30
料金(神戸布引ロープウェイ+神戸布引ハーブ園)
大人:片道950円、往復1500円 山麓駅-中間駅間の片道750円
小人:片道480円、往復750円 山麓駅-中間駅間の片道380円
ナイター営業(17:00以降にロープウェイ乗車、展望エリアのみの入園):大人往復900円・小人往復550円
ハーブ園のみの入園料(徒歩の場合):大人200円、小人100円
無料割引優待
65歳以上割引(要証明書)
神戸市在住:片道380円、往復650円
兵庫県在住:片道750円、往復1300円
年間パスポート
大人4500円(購入日から1年間有効)
リンク
植物園
展望スポット
花の名所
 
 
情報カレンダー
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
   
[ピックアップイベント]
       
・2019/1/1ハーブ園から、初日の出を見よう!
ロープウェイ上り時刻6:00~、日の出予定時刻7:06 
・2019/4/27-5/6GWカーニバル2019
・2019/5/11-6/30ラベンダー&ローズ・フェア
6/1-30の土日はラベンダー摘み取り無料
・2019/5/18-19、25-26春の収穫祭  カモミールの収穫体験など
・2019/7/13-9/1光の森サマーバージョン
イルミネーション~21:00、神戸ガーデンテラスバー(ビアガーデン)開催
・2019/8/3みなと神戸海上花火大会
・2019/9/14-11/24の土日祝 ドイツ祭り
・2019/10/26-27ハーブ&スパイスカーニバル2019
年に1度のハーブ園のお祭り、10/26は小人無料
・2019/11/2-4秋の収穫祭
・2019/11/23-12/25ハーブ園のクリスマス『古城のクリスマス2019』
クリスマスタワーとクリスマスマーケット
   
   
   
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
神戸布引ロープウェイ:ハーブ園山頂(すぐ) ハーブ園山麓駅までは新幹線・神戸市営地下鉄西神山手線新神戸駅から徒歩5分
駐車場
なし ハーブ園山麓駅の最寄駐車場はタイムズ新神戸オリエンタルシティ640台
住所
兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
TEL
078-271-1160
地図
[コメント]
・神戸布引ハーブ園(こうべぬのびきはーぶえん)は、新幹線新神戸駅裏山(世継山)の斜面を利用したハーブ園と展望商業施設。年間35~40万人が訪れる観光スポット。
・神戸布引ハーブ園は標高約400mで、六甲山系に点在する他の展望スポットよりもかなり低いが、三宮など神戸の中心市街地との距離は近い。山頂駅付近と山麓駅付近の気温差は2℃程度。一般的に六甲山上と神戸市街地の気温差は概ね5℃前後ある。
・入園には通常、神戸布引ロープウェイを利用する。ロープウェイの山麓駅は、超高層ビル・新神戸オリエンタルシティの西側奥にある。始発はハーブ園の開園時間前に山頂駅に着くし、終発時刻は閉園後になる。
・ロープウェイ込みの入園料金は大人片道950円・往復1500円、子供片道480円・往復750円。ハーブ園とロープウェイは神戸市が保有し、神戸リゾートサービス株式会社が指定管理者として運営している。
・片道切符で入園した場合、帰りはハーブ園の下の出入り口から遊歩道を進むと、布引の滝(4つある、後述)を経由して新神戸駅の裏に出られる。
・神戸布引ハーブ園は六甲山の山上施設としては独立している。ハーブ園から六甲全山従走路に出るハイキングコースはあるものの、他の山上スポットとの回遊は現実的ではない。
・面積約16haの園内に、各種施設と、テーマの異なる12のガーデンがある。約200種75000株の花とハーブの名所。ハーブは香料・薬用などの効用のある植物全般をいう。
・ハーブ園山頂駅のある展望エリアに、ドイツの古城風の展望プラザ(1Fショップ2Fレストラン)、森のホール・香りの資料館といった施設と、展望プラザウェルカムガーデン、ローズシンフォニーガーデン、フレグラントガーデンのガーデンがある。
・斜面に、グラスハウス、ザ・ヴェランダ神戸(1F屋外テラス席と2F屋内カフェラウンジ)、ハーブの足湯といった施設のあるグラスハウスエリアと、ハーブミュージアム(約100種類のハーブを植栽展示)、家庭菜園ポタジェ、グラスハウス温室、ラベンダー園、四季の庭、滝のパティオ、オリエンタルガーデンの諸庭園がある。
・風の丘中間駅のある風の丘エリアに、ピクニックに最適な風の丘芝生広場と、ユリ園、風の丘フラワー園、風の丘果実園の諸庭園がある。
・ハーブガイドツアーを毎日開催している。11:00~、13:30~、14:30~、内容は異なるが各回とも約45分、料金は無料なので一つは参加したい。
[スポンサード リンク]
[神戸布引ロープウェイ]
・ロープウェイは距離全長1460mで、山麓駅から風の丘中間駅までが930m、中間駅と山頂駅の距離が529m。高低差330m。乗車時間は約10分。
・全面ガラス張りのゴンドラは乗車定員6人。ベビーカーは乗車可能、ペットは不可。
・六甲山系の一部を構成する世継山(よつぎやま)の標高は417mなので、神戸布引ロープウェイは山頂展望台への交通手段ともいえる。
・新神戸駅と世継山の間の東寄りに小高い丸い丘があるが、こここが生田神社が最初に祀られた地とされる砂山(いさごやま、通称丸山)である。ここには弥生時代の集落の布引円山遺跡もある。明治元年の神戸絵図では、摩耶山と再度山の中間に布引山が描かれており、世継山がかつて布引山と言われていたことがわかる。砂山の北側に徳光院という1906年に創建された臨済宗の寺院がある。このお寺の場所は、697年頃に創建され、1575年に焼失した布引山滝勝寺の跡地である。
[布引の滝]
・布引の滝(ぬのびきのたき)は、布引渓流(ぬのびきけいりゅう)にある4つの滝の総称。古代から知られた景勝地。布引渓流は、六甲山牧場の近くに水源を持つ、生田川の源流。一般には新神戸駅から神戸港に注ぐ生田川下流域の部分以外は人目につかない。
・4つの滝は下から順に、雌滝(めんたき)、鼓ヶ滝(つづみがたき)、夫婦滝(めおとだき)、雄滝(おんたき)。雄滝が最大の滝で、落差43mある。
・布引の滝からさらに上流に向かって進むと、布引ダム(布引五本松堰堤)に至る。神戸市の水道施設整備事業として布引貯水池を満たすための布引ダムは1900年に完成した。日本最古の重力式粗石コンクリートダムとして重要文化財に指定されている。新神戸駅から雄滝まで徒歩20分程度、さらに布引ダムまで徒歩20分程度。
神戸布引ハーブ園の特色・休園日・開園時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・イベント情報