大阪周遊パス2日券は、大阪市営交通機関の2日乗車券に観光スポット無料優待券がついた企画乗車券
項目 大阪周遊パス2日券[2019年度]の説明
発売価格 大人3600円(小児用はない)
発売期間 2019/4/1-2020/3/31
有効期間 2019/4/1-2020/4/30の連続する2日間
内容 大阪メトロ(大阪市地下鉄・ニュートラム)・大阪シティバスが2日間乗り放題+施設優待
特徴 大阪周遊パス1日券の2日版。1日版しかなかった大阪周遊パスに2015年度から追加された。ちなみに3日以上連続するパスはない。
・旧大阪市営交通機関の2日乗車券。1枚のカード乗車券を2日間通しで使うので紛失に注意。JRと私鉄が利用できないが、大阪市内観光における私鉄交通の比重は高くないのでさほど困ることはない。
・カード乗車券提示で観光スポット40ヵ所以上が入場無料になる。各施設を1回ずつ利用可能。2日間かけても全部回ることは難しいので、あらかじめ周遊計画を立てておくことをお勧めする。
・カード乗車券を提示し、ガイドブックに付いている「TOKU×2」クーポン提出で、割引優待か特典が27施設と65以上の店舗で受けられる。割引優待や特典の中身はたいしたことないが、トクトククーポンはカード乗車券使用日だけでなく有効期間最終日まで利用可能(カード提示は必要)。
・利用日の有効時間は5:00~翌4:59。交通機関での利用は利用日の始発から終電まで。
・2019年度版は価格が300円値上げされた。2018年版は価格は3300円据え置きで、入場無料施設が40ヵ所以上に増えた。2017年度版は2016年度版の3000円から300円値上げされた。入場無料施設は約30ヵ所から約35ヵ所に増えている。
・施設休館日に注意。また入場無料施設でも、期間や曜日・時間が限定されている場合がある。
・実質的に大阪メトロ・大阪シティバス(旧大阪市交通局)の1日乗車券(エンジョイエコカード)×2に、施設優待パスが付いたもの。2000円相当分ほどは無料優待を受けないと元が取れない。
・1日版にはあった大阪エリア版以外の私鉄別エリア拡大版はない。
大阪周遊パス対象施設一覧(2019年度)
利用できる路線 ・大阪メトロ(地下鉄・ニュートラム)全線・大阪シティバス全路線(ただしイケア鶴浜行きバスとUSJ行きバスは対象外)
発売場所 ・大阪市地下鉄・ニュートラム各駅、大阪市観光案内所(JR大阪駅1F中央口)・難波観光案内所(南海なんば駅1F)、関西ツーリストインフォメーションセンター京都(京都タワー3F)、観光情報プラザ関空まち処(関空第2ターミナル国際線到着口)ほか。
公式サイト 大阪周遊パス(大阪観光局)
参考 大阪周遊パス対象施設一覧(2015年度)
大阪周遊パス対象施設一覧(2016年度)
大阪周遊パス対象施設一覧(2017年度)
大阪周遊パス対象施設一覧(2018年度)
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報