兵庫県立大学西はりま天文台は岡山県との県境の山中にある天文台
 
[営業情報]
休館日
第2・4月(祝日の場合は翌日)、7月中旬・10月中旬、年末年始(12/28-1/3)。
開館時間
9:00~21:00
レストラン9:00~19:30
入場料
無料
無料観覧日
リンク
兵庫県のホテル
 
 
   
   
        
[宿泊用施設]
   
   
・家族用ロッジ(定員5人)6室
・グループ用ロッジ(定員20人)6室
  
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR姫新線:佐用駅(タクシー10分)
駐車場
50台
住所
兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2
TEL
0790-82-3886(天文台) 0790-82-0598(管理棟) 0790-82-2226(レストラン)
地図
[コメント]
・兵庫県立大学西はりま天文台は、標高434mの大撫山(おおなでさん)山頂にある公開天文台。
・日本最大の「なゆた望遠鏡」をはじめとして多数の望遠鏡を保有し、天体観望会で実際に宇宙を覗くことができる。夜間天体観望会は、平日は宿泊者向け、土日は日帰りでも参加できるが、土曜日は要予約。19:30~21:00開催、参加費無料。
・昼は60cm望遠鏡を使用して、昼間の星と太陽の観察会を、土日祝、春夏休みなどの13:30~と15:30~の2回実施。予約・料金不要。
・なゆた望遠鏡は、口径2mで日本最大の光学望遠鏡。なゆた(那由他)は仏教用語に由来する数の単位で10の60乗、一般に極めて大きな数の象徴として使用される。ちなみに、那由他の上に、不可思議と無量大数がある。
・施設は、ミュージアムショップのある天文台北館、なゆた望遠鏡のある天文台南館、宿泊施設(家族用ロッジ、グループ用ロッジ)、レストラン、デイキャンプ場からなる。
・デイキャンプ場は、日曜日の日中に限り、宿泊者以外も利用できる。
・西はりま天文台は、1990年4月にオープンした兵庫県立天文台で、2012年4月に兵庫県立大学に移管された。なゆた望遠鏡が設置・公開されたのは2004年11月。それまでは60cm望遠鏡がメイン設備だった。
・西はりま天文台友の会の年会費は、個人会員2000円、家族会員2500円、ジュニア会員1200円。会員限定の例会への参加や、会員限定イベントに参加できる。
[スポンサード リンク]
兵庫県立大学西はりま天文台の特色・休館日・開館時間・住所・電話番号・駐車場・地図・交通アクセス・展覧会・イベント情報