三井アウトレットパーク マリンピア神戸は神戸市郊外にあるアウトレットモール
 
[営業情報]
休業日
2020/4/8-当面の間 臨時休業、5/22営業再開
2021/4/25-当面の間臨時休業、5/12から平日のみ再開、詳細は公式サイトを参照
無休(除く特定日)
営業時間(概ね)
ショップ
10:00~20:00
レストラン
11:00~22:00
山陽電車1日乗車券(垂水駅を含むもの)
リンク
 
 
休日カレンダー
1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
[ピックアップイベント]
       
・毎年GWに開催されるインフィオラータこうべ(神戸市内各所にてチューリップの花びらで路上に絵を描くイベント)の会場の一つだったが2015年から外れた。
・2020/5/16たるみっこまつり2020(神戸まつりの各区のおまつりのうちの垂水区行事)←中止
・2020/6-7マリンカーニバル神戸2020←中止
一般参加・体験型のマリンイベント(参加無料/一部有料)
・2017/10/21-31神戸花物語2017秋
・2021/11/17-2022/1/30イルミネーション
ウインター・イルミネーション17:00~20:00
 
[アウトレット以外の施設]
       
・さかなの学校(神戸市立水産体験学習館)→公式サイト
水休(夏休み無休)、10:00~17:00、入館無料
神戸の漁業をPRする施設で、海苔づくりや塩づくりなどの体験もできる。
2021/7/22、マリンピア神戸 小さな水族館がオープン。マダイ・マダコ・アカエイ・ウツボなど約40種200点の水族生物を展示。
・神戸フィッシャリーナ(こうべたるみ海の駅)
プレジャーボート・ヨットの係留施設。年間使用が基本だが、ビジター用のバースもある。保管隻数150隻。神戸市のPFI事業。
・遊覧船イルカ号(除く冬季)※営業終了
30分程度でマリンピア神戸から明石海峡大橋下を周回する、1200円
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
最寄駅
JR神戸線:垂水 山陽電車:山陽垂水 両駅は隣接一体化している。両駅から徒歩9分、または無料シャトルバス。
駐車場
2422台
住所
兵庫県神戸市垂水区海岸通12-2
TEL
078-709-4466 078-706-5550(さかなの学校) 080-8308-7977(遊覧船) 078-707-1530(神戸フィッシャリーナ)
地図
[コメント]
・三井アウトレットパーク マリンピア神戸は、神戸市内西部の海際に位置し、明石海峡大橋と淡路島を望む低層アウトレット・モール。
・イースト、アネックス、ウエスト、セントラルの4棟に約130店舗。延床面積は計約36000㎡。広域エリアからの自家用車での来店客をターゲットにした大都市郊外の大型商業施設。年間約300万人の利用がある。案内所がイースト1Fにある。ウエスト1Fにキッズルームが、同2Fに宅配便の取り扱い場所がある。
・南欧の港町をイメージした街で明るく開放的な雰囲気、レストランも充実。
・毎年春はインフィオラータこうべと神戸まつり(たるみっこまつり)、秋は神戸よさこいの会場の一つになっている。
・マリンピア神戸は、垂水漁港西隣を神戸市が埋め立てて建設した「漁業・文化・コミュニティの交流拠点」をコンセプトとする18.5haの街区(うち三井アウトレットパーク マリンピア神戸の敷地7.8haは2008年に三井不動産に売却済み)。したがって同じエリアにさかなの学校、神戸フィッシャリーナなどアウトレットール以外の神戸市の施設がある。マリンピア神戸内での釣りは禁止。
・西側に隣接したアジュール舞子(海水浴場のある公園)を通って舞子公園まで海沿いを徒歩15分で行ける。マリンピア神戸から舞子公園までのエリアが、神戸市西部の臨海観光・レジャースポットになっている。神戸市西部の観光および地域振興拠点の一つ。
・三井アウトレットパーク マリンピア神戸の旧称はマリンピア神戸ポルトバザールで、1999年10月に開業した。2008年に三井不動産が運営するアウトレットモールの名称を三井アウトレットパーク+地域名に統一した際に変更された。
・兵庫県内のアウトレット・モールとしては他に神戸市北区に三菱地所グループの神戸三田プレミアム・アウトレットがある。
[スポンサード リンク]
[ラグーン コミュニティ パーク]
・マリンピア神戸内の、三井アウトレットパーク西側未利用地の土地活用事業の公募がなされ、2021年11月に三井不動産を代表とする企業グループが優先交渉者となった。対象地の面積は20957㎡あるが真中のラグーン(潟湖)がほぼ半分を占めている。当然、このラグーンを活かした開発が見込まれる。定期借地権の期間は30年。
・提案の概要は、名称がLAGOON COMMUNITY PARK(ラグーン コミュニティ パーク)、内容は飲食施設、人工ビーチ、バーベキュー場、アスレチック・ボルダリングなどのアクティビティなどからなるレジャーパーク。
・2022年6月頃に契約締結・土地引渡し。竣工・開業年月は未定。
[写真]
 
  
[スポンサード リンク]
     
[写真]
 
    
三井アウトレットパーク マリンピア神戸の特色・休業日・営業時間・住所・電話番号・交通アクセス・地図・イベント情報