有馬温泉 太閤の湯クーポンは、日帰りの温泉施設「有馬温泉 太閤の湯」の入館券がセットになったお得な平日1日乗車券
項目 有馬温泉 太閤の湯クーポンの説明
発売価格 神戸電鉄版:2300円
神戸高速版:2400円
神戸市営地下鉄版:2650円
阪神版:2750円
阪急版:2950円
山陽電車(明石以東):2650円
山陽電車(全線)3050円
各社版とも大人のみで小児用はない
発売期間 2019/4/1-2020/3/31
有効期間 発売期間の1日 ただし日祝、GW(4/28-5/6)、お盆(8/11-15)、お正月(1/1-3) 、休館日(7/3、9/25-26、1/8)を除く
内容 日帰りの温泉施設「有馬温泉 太閤の湯」の入館券がセットになった1日乗車券
特徴 ・「有馬温泉 太閤の湯」の入館券+発駅から神戸電鉄有馬温泉駅までの1日乗車券。
・岩盤ミュージアム太閤夢蒸楽等の料金割引。
・周辺店舗で使える優待券付き。
・神戸電鉄有馬温泉駅から太閤の湯までは徒歩10分、無料送迎バス(10:00~17:00)もある。
・発駅から神戸電鉄有馬温泉駅までは、鉄道会社によって2ルートに分かれている。
・神戸市営地下鉄版は、神戸市営地下鉄の新神戸から北神急行で谷上駅へ向かい、同駅で神戸電鉄に乗り換えるルート。
・その他の電車版は、神戸高速経由で神戸電鉄の湊川から有馬温泉駅に向かうルート。
・三宮など神戸市中心部からは、地下鉄経由で北上するルートの方が、神戸電鉄を利用する西回りのルートよりも時間的に近い。
・日祝および繁忙期および休館日は使用できない点に注意。
・「有馬温泉 太閤の湯」の平日入館料は大人2475円。したがって神戸電鉄版と神戸高速版は入館料よりも安い。
・以前は近鉄版や北神急行版もあった。
・太閤の湯が2018/5/6-2019/3/31耐震工事休館となるため2018年度版の発行はなかった。2019年度版は、2017年度版に比べて、神戸電鉄版2230円→2300円(70円値上げ)、神戸高速版2330円→2400円(70円値上げ)、神戸市営地下鉄版2540円→2650円(110円値上げ)、阪神版2640円→2750円(110円値上げ)、阪急版2850円→2950円(100円値上げ)、山陽電車(明石以東)版2540円→2650円(110円値上げ)、山陽電車(全線)版2950円→3050円(100円値上げ)と各社とも値上げしている。また、能勢版3160円は廃止となった。
有馬温泉 太閤の湯について ・金泉・銀泉と人工の炭酸泉を26種類のお風呂と岩盤浴を楽しめる温泉テーマパーク。有馬きらり(旧有馬ビューホテルうらら)の附属施設。
・平日大人入館料は2400円+神戸市入湯税75円で計2475円。土日祝は2600円+神戸市入湯税75円で計2675円。GW・お盆・年始は2700円+神戸市入湯税75円で計2775円。
・営業時間10:00~23:00。
・用意された館内着に着替え、貴重品はロッカーに預けて利用する。
・館内着・タオルは料金に含まれているが、バスタオルは別料金。
・男湯と女湯は月初に入れ替え。
・館内に、レストラン花じゅらく、屋台フードコート湯の山街道、喫茶がある。
有馬温泉(ありまおんせん)について ・有馬温泉は六甲山地北側にある歴史ある名湯。温泉は、赤褐色の金泉と、透明の銀泉の2種類。約30の温泉宿・ホテルがある。
・有馬温泉には神戸市営の協同浴場である「金の湯」と「銀の湯」がある。2館券(金の湯・銀の湯)850円。太閤の湯殿館は、豊臣秀吉の湯山御殿の発掘跡地資料館、第2水曜休館、大人200円。
発売場所 各社主要駅
公式サイト 各社
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報