エコファミリー制度は神戸市交通局による休日の家族優待制度
項目 神戸市エコファミリー制度の説明
適用日 土日祝(通年) 夏休み(7/21-8/31) 冬休み(12/25-1/7)
対象者 運賃を支払う大人(中学生以上)1人につき、小児(小学生以下)2人まで無料
対象交通機関 神戸市営地下鉄、神戸市バス、神戸交通振興バス山手線、北神急行電鉄
対象外交通機関 シティループ、ポートライナー、六甲ライナーなど
内容 休日に神戸市営地下鉄・バス等を利用する大人に同伴する子供の運賃が、その都度申告によって無料となる。
特徴 ・神戸市エコファミリー制度は、神戸市交通局の公共交通利用促進策に一つ。これによってマイカーから公共交通への利用転換と、交通渋滞の緩和を狙っている。
・適用日には夏休みと冬休みも含まれる。利用者が神戸市民に限定されているわけではないので、神戸を訪れる観光客は是非ともしっておくべきお得な情報。
・大人1人につき、小学生以下2人まで無料になるので、夫婦2人なら子供4人まで無料になる。またこの制度では大人料金を支払う中学生以上が大人とみなされるので、中学生と小学生の兄弟などといった利用方法もある。
・大人運賃については、地下鉄1日乗車券市バス・地下鉄1日乗車券など神戸市交通局の各種企画乗車券の利用も可能。うまく利用すれば、家族単位の休日の神戸市内の移動費用は極めて安価になる。
利用方法 ・鉄道の場合、大人分の乗車券を駅窓口で提示し、「エコファミリー」と申告して小児用無料乗車券を受け取る。
・バスの場合、降車時に大人分の運賃を支払う時に「エコファミリー」と申告する。
・いずれの場合も、大人と子供が一緒に行動することが必要。
神戸交通振興バスについて ・神戸交通振興バスは、神戸市交通局の保有する交通事業会社。バス事業が主体で、都心部遊覧バスのシティループもここが運行している。山手線は、三宮駅と神戸駅を山手幹線経由で結ぶ巡回バスで、観光には適さない。観光用のシティループにはエコファミリー制度は適用されない。
北神急行電鉄について ・北神急行電鉄は阪急阪神ホールディングスの子会社。新神戸駅~谷上駅の全線トンネル1区間のみ運行している(北神線)。1区間のみだが、六甲山表側の新神戸駅で神戸市営地下鉄山手線に接続し、六甲山裏側の谷上駅で神戸電鉄に接続しており、六甲山を通り抜ける電車路線とういう点では重要。
発売場所 ・実券の販売はない。鉄道の場合、駅窓口で申告して小児用無料乗車券を受け取る。バスの場合、降車時に大人運賃を支払う時に申告する。
公式サイト 神戸市交通局
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
神戸市エコファミリー制度の料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報