年末年始3dayチケットは神戸市の市バス・地下鉄が3日間乗り放題になるお得なチケット
 
項目 年末年始3dayチケットの説明
発売価格 大人1000円(小児用なし)
発売期間 2019/12/21-2020/1/3
有効期間 2019/12/30-2020/1/3内の任意の3日間
内容 神戸市の市バス・地下鉄が乗り放題
特徴 ・神戸市営バス+神戸市営地下鉄(西神・山手線、海岸線)が12/30-1/3の5日のうち好きな3日間が乗り放題。
・神戸交通振興バス山手線(山手幹線を通って三宮と神戸駅を結ぶ)、山麓線(神戸市道山麓線を通って三宮と神戸駅を結ぶ)にも乗車できる。
・3日間使用できるのに、通年販売の神戸市バス・地下鉄共通1日乗車券1040円よりも安い。
シティー・ループ(神戸都心部巡回バス)は対象外。
・特典として生田神社・湊川神社・長田神社・和田神社の祈念品授与券(各神社で1月1日から7日まで引換え)、神戸布引ハーブ園ロープウェイの割引券がついている(元旦初日の出営業あり)。
・割安なので、初詣のほか、年末年始も営業している大型商業施設・シネコン・レジャー施設巡りなどに利用できる。
神戸市営地下鉄について ・神戸市営地下鉄は2路線で構成されている。
・西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、神戸市の中心市街地を東西に横断する路線。東端は新神戸駅で山陽新幹線の新神戸駅に連絡する。新幹線新神戸駅はJR在来線と接続していないので、中心市街地の三宮に向かうときは通常地下鉄を利用する。西端は西神中央駅。
・海岸線は、西端の三宮・花時計前駅からハーバーランド駅を経由して新長田駅に至る。新長田駅で西神・山手線に連絡する。
地下鉄沿線スポット(最寄駅) ・地下鉄沿線の主な観光スポットは、北野異人館街・布引ハーブ園・竹中大工道具館(新神戸駅)、三宮センター街・生田神社(三宮駅)、旧居留地(旧居留地・大丸前駅)、神戸ハーバーランド(ハーバーランド駅)、イオンモール神戸南・神戸市中央卸売市場本場(中央市場前駅)、鉄人28号モニュメント(新長田駅)、相楽園(県庁前駅)、長田神社(長田駅)、神戸総合運動公園(総合運動公園駅)ほか。
神戸市バスについて ・バス車両への乗降は、後ろ乗り・前降り。運賃の支払いは降車時。
・料金体系は普通区(市街地)と近郊区(周辺部)に分かれている。普通区は210円の均一料金、近郊区は距離によって料金が変わる変動料金で、170円~560円でかなり幅がある。
市バス郊外沿線スポット(最寄バス停) ・神戸市バス路線沿線の郊外レジャー・観光スポットと最寄バス停は、摩耶ケーブル(摩耶ケーブル下)、六甲ケーブル(六甲ケーブル下)、森林植物園(森林植物園前)、須磨水族園(須磨水族園)、須磨離宮公園(離宮植物園前)、しあわせの村(しあわせの村中央)など。ただし須磨水族園と須磨離宮公園は電車でもアクセスできる。
中心市街地スポット(最寄バス停) ・都心部でも、地下鉄駅からは距離があるが、市バス停留所がある観光スポットしては、神戸市立王子動物園(王子動物園前)、兵庫県立美術館(県立美術館)、人と防災未来センター(人と防災未来センター)、メリケンパーク(中突堤)、ビーナスブリッジ(ビーナスブリッジ)などがある。
エコファミリー制度について ・神戸市交通局に、エコファミリー制度がある。これは休日に神戸市営地下鉄・バスを利用する大人に同伴する子供の運賃を2人まで無料とするもの。神戸市バス・地下鉄共通1日乗車券を使用する大人にも適用されるので、利用すれば極めて安価に神戸市内を回遊できる。
発売場所 神戸市営地下鉄各駅ほか。
公式サイト 神戸市交通局
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
チケットの料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報