ポートアイランドの街の特色とお勧め観光スポットの解説および年間イベント情報
 
[営業情報]
休業日
営業時間
リンク
 
 
情報カレンダー
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
[ピックアップイベント]
   
   
・2018/2/11 2018ユニセフカップ 神戸バレンタイン・ラブラン
神戸ポートアイランド特設コースでハーフマラソン、10キロ他
・2018/3/3 神戸コレクション2018 SPRING/SUMMER
於:ワールド記念ホール
・2018/10/21 ポートライナーフェスティバル2018
10:00~15:00、ポートライナー車両基地(南公園駅下車、東へ徒歩約5分)
・2018/11/4 ウィンターフェスティバル2018
スケートシーズン前の定例イベント、スケート無料滑走など
於:ポートアイランド・スポーツセンター
・2018/11/18 第8回神戸マラソン
スタート9:00~、制限時間7時間、定員20000人、参加料10300円。
神戸市役所前~明石海峡大橋袂(県立舞子公園付近)~ポートアイランド市民広場
・2018/11/23 平成30年度神戸医療産業都市・京コンピュータ一般公開
10:00~16:00、入場無料
 
   
   
・神戸国際会議場(神戸国際交流会館内)
・神戸商工会議所
・ポートピアホテル(ポートピアホール)
・神戸国際展示場
・ワールド記念ホール
 
[神戸医療産業都市]
   
   
・神戸市立医療センター 中央市民病院
・神戸市立神戸アイセンター病院
・先端医療センター病院(中央市民病院に統合)
・神戸低侵襲がん医療センター
・兵庫県立こども病院
・ポートアイランド リハビリテーション病院
・先端医療研究センター(IBRI)
・神戸臨床研究情報センター(TRI)
・神戸医療イノベーションセンター(KCMI)
・理化学研究所 スー パーコンピュータ「京」
・理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)
・理化学研究所 生命機能科学研究センター(BDR)
・神戸アイセンター
・神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター
・神戸大学先端融合研究環 統合研究拠点 計算科学教育センター
 
  
[スポンサード リンク]
[アクセス]
ポートライナー:中公園/みなとじま/市民広場/南公園/中埠頭/北埠頭(以上第1期エリア) 医療センター/京コンピュータ前(以上第2期エリア)
駐車場
ポートアイランド市民広場地下駐車場(184台)、タイムズ神戸ポートピアホテル(436台)、タイムズポートアイランド(110台)、神戸国際展示場地下駐車場(200台)、タイムズポートアイランド病院駐車場(135台)、ポートアイランド北公園駐車場(59台)、ポートアイランド南公園駐車場(86台)など
住所
兵庫県神戸市中央区港島中町 港島 港島南町
TEL
地図
[コメント]
・ポートアイランドは、神戸港沖の人工島。面積8.3ha。
・神戸都心の三宮と新交通システム・ポートライナーで結ばれている。島内の複数個所を見て回るなら専用1日乗車券を利用すると便利。
・六甲山系の裏側(北側)を宅地造成し、削った土砂で沖合いを埋め立てた。島の造成時期によって2期に分かれる。北半分が第1期(1966-1981)、南半分が第2期(1987-2005)。
・第1期エリアにはコンベンション施設、スポーツ施設、病院・学校などの公共施設や、民間企業のオフィス・物流拠点が集積している。
・コンベンションゾーン(神戸コンベンションコンプレックス)の中心にあるポートライナー市民広場駅の副駅名はコンベンションセンターとなっている。
・第2期エリアには医療系を中心に研究機関が多い。神戸市は、神戸医療産業都市を標榜し、医療センター駅周辺に医療関連産業を誘致してきた。合わせて300を超える、研究機関・高度専門医療病院群・ライフサイエンス関連企業が集積し、日本随一のバイオメディカルクラスターとなっている。
・一方、商業施設やアミューズメント施設は少なく、イケア神戸(遊園地のポートピアランド跡地)と神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園)が目立つぐらい。温水プールとスケートリンクのあるポートアイランド・スポーツセンターは住民に人気。
・ポートアイランドの人口は約14000人で、研究施設・大学等が着実に増加しているにも拘らず、人口は伸び悩んでいる。商業施設や店舗が少なく、街の賑わいが感じられない。島外から通勤・通学する人は増えているわけで、ポートライナーは朝夕混雑する。ポートライナーの利用者は1日平均7万人を上回っているが、およそ半数が通勤・通学定期利用者である。
・イケア神戸は、インテリア・家具・雑貨の大型店舗で、神戸市内のみならず広域からの集客力がある。休日には店舗内の巨大な駐車場に他府県ナンバーの車が目立つ。イケア神戸の南側に、2017年6月23日に同業の東京インテリア家具神戸店がオープンした。両店舗を行き来する人が多い。
・イケア神戸の北側にバンドー神戸最少年科学館とUCCコーヒー博物館(月休、入館料300円、KOBE観光の日関西文化の日は入館無料)がある。
・島内に緑地は少ない。北・西・中・南の4公園がある。北公園と西公園(ポーアイしおさい公園)は、神戸港と中心市街地および背後の六甲山系を望む、海に面した展望スポット。両公園ともポートライナーの中公園駅が最寄駅。
神戸空港は、ポートアイランド沖南の人工島全域を占める。ポートアイランドには含まれない。
[スポンサード リンク]
ポートアイランドの文化施設・アミューズメント施設・商業施設・ショッピングセンター・ショッピングモール一覧