ヨコハマ・みなとみらいパスはJR根岸線(横浜~新杉田)とみなとみらい線の2路線が乗り放題となる1日乗車券
項目 ヨコハマ・みなとみらいパスの説明
発売価格 大人530円 小児260円
有効期間 1日
内容 JR根岸線(横浜~新杉田)とみなとみらい線の2路線が乗り放題
特徴 ・みなとみらい線は、みなとみらい21を縦断し、横浜駅と元町・中華街駅を最短6分で結ぶ三セク鉄道(横浜高速鉄道)。
・JR根岸線は横浜駅から大船駅までだが、このパスのフリーエリアは横浜駅から中途の新杉田駅(シーサイドライン接続駅)まで。
・みなとみらい線とJR根岸線は、横浜駅でのみ連絡している。ただしこの2路線が大きく離れているわけではない。例えば横浜元町商店街の東端にみなとみらい線の元町・中華街の駅があり、西端にJR石川町駅がある。
・初乗り運賃はみなとみらい線190円、JR線140円。
・みなとみらい線の一日乗車券が460円なので、JR線も使いたい人にとってはプラス60円で購入できるので有用。
・2019/10/1の消費税増税時に、大人のみ10円値上げ(520円→530円)。
みなとみらい線について ・みなとみらい線は、横浜~新高島~みなとみらい~馬車道~日本大通り~元町・中華街の6駅しかないが、みなとみらい観光の点ではメインの交通手段となっている。
・単独の1日乗車券はみなとみらい線一日乗車券。大人460円、小児230円。
JR根岸線について ・このパスで乗り降りできる駅は横浜~桜木町~関内~石川町~山手~根岸~磯子~新杉田の8駅。ただし山手駅よりも先には目立った観光スポットはない。山手駅の徒歩圏には根岸森林公園がある。
Suica版について ・2019/9/1から、ヨコハマ・みなとみらいパスのSuica版を発売。価格・内容は従来からの磁気カード版と同じ。
・SuicaはJR東日本のICカード。ヨコハマ・みなとみらいパスを、無記名のSuicaカード、記名式のMy Suica、訪日外国人向けのWelcome Suicaに搭載できる。
・新規にSuicaを購入する場合には預り金(デポジット)500円が必要なので、日常的にSuicaを使用しない場合は、わざわざこのパスを購入するメリットはなく、従来からある磁気カードのヨコハマ・みなとみらいパスを購入すればよい。
発売場所 JR根岸線(横浜~新杉田)の駅のみどりの窓口ほか
公式サイト JR東日本
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
1日乗車券
東京フリーきっぷ
都区内パス
都営地下鉄・東京メトロ共通一日券
Tokyo Subway Ticket
東京メトロ24時間券東京メトロ一日乗車券
東京メトロPASMO1日乗車券
私鉄東京メトロパス
都営まるごときっぷ
TOKYO探索きっぷ
都電一日乗車券
都バス一日乗車券
都営地下鉄「季節」のワンデーパス
りんかい線1日乗車券
ゆりかもめ1日乗車券
ゆりかもめ24時間券
お台場‐有明快遊パス
東京モノレール沿線お散歩1dayパス
東急ワンデーパス
東急線・東急バス一日乗り放題パス
東急線トライアングルパス
世田谷線散策きっぷ
京王線・井の頭線一日乗車券
小田急線1日全線フリー乗車券
下町日和きっぷ
多摩モノレール1日乗車券
みなとみらい線一日乗車券
みなとみらい線接続乗車券
ヨコハマ・みなとみらいパス
横浜1DAYきっぷ
横浜市営地下鉄一日乗車券
横浜市営バス・地下鉄一日乗車券
みなとぶらりチケット
みなとぶらりチケットワイド
相鉄・鉄道全線1日乗車券
シーサイドライン1日乗車券
湘南モノレール1日フリーきっぷ
江ノ電のりおりくん
鎌倉・江ノ島パス
江の島・鎌倉フリーパス
鎌倉フリー環境手形
三浦半島1DAYきっぷ
トコトコきっぷ
リゾートライン1日フリーきっぷ
ホリデーフリーきっぷ
乗りトク!きっぷ
北総線1日乗車券
銚子1日旅人パス
房総1日乗車券
サンキューちばフリーパス
SR1日乗車券
ニューシャトル1日フリー乗車券
東上線1日フリー乗車券
東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルート乗車券
秩父路遊々フリーきっぷ
長瀞おさんぽきっぷ
西武鉄道スタンプラリー1日フリーきっぷ
埼玉県民の日記念フリー乗車券
TX!1日乗り放題きっぷ
ときわ路パス
休日おでかけパス
のんびりホリデーSuicaパス
ぐんまワンデー世界遺産パス
青春18きっぷ
南房総観光応援フリーパス
料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報