京王線・井の頭線一日乗車券は京王線および井の頭線全線が乗り放題となる1日乗車券
項目 京王線・井の頭線一日乗車券の説明
発売価格 大人900円 小人450円
発売期間 通年
有効期間 1日
内容 京王線および井の頭線全線が1日乗り降り自由
特徴 ・発売日当日に限り、京王電鉄線のエリア内乗り放題(2路線)。
・京王電鉄線の初乗り運賃は130円。距離にもよるが、7回以上乗る予定があるなら無条件にお勧め。
・京王線はここでは京王電鉄線のうち新宿を起点を起点とし、西方の京王八王子、高尾山口、橋本方面に向かう電車の総称。
・井の頭線は渋谷・下北沢・吉祥寺の3繁華街を結ぶ全長12.7kmの比較的短い鉄道路線。各停と急行の2種類しかない。急行は渋谷と吉祥寺を16分で結ぶ。
・京王線と井の頭線は明大前駅で接続している。明大前駅には両路線のすべての列車が停車する。
・参考までに京王線の新宿-高尾山口間往復は780円、新宿-橋本間往復は880円、渋谷-吉祥寺間往復は400円。
・前売り券なし。
・2016年4月1日発売開始。各日始発から18:00まで発売。
京王新線について ・京王新線は京王新線新宿駅から笹塚駅までの3.6kmの地下路線で、都営地下鉄新宿線と相互に乗り入れていて、笹塚で京王線に合流する。したがって新宿~笹塚間は複々線となっている。
・したがって京王電鉄の新宿駅は、京王百貨店の地下の京王線新宿駅と、南側の甲州街道地下の京王新線新宿駅の二つあるので注意。多摩方面から新宿方面に向かうときは笹塚駅で行きたいほうの路線に乗り換えればよい。笹塚には特急を除く全列車が停車する。特急は新宿駅発着なので、都営新宿線にそのまま行きたい場合は、特急も停車する明大前で乗り換える必要がある。
沿線スポット(最寄駅) ・新宿・渋谷以外の街歩き目的で利用するなら、井の頭線の下北沢・吉祥寺、京王線の府中八王子多摩センター・橋本などが候補。
・京王線・井の頭線沿線の主要な観光・行楽スポット(最寄駅)は、駅から徒歩圏内にあるものだけでも、日本民藝館・駒場公園(駒場東大前)、井の頭公園・三鷹の森ジブリ美術館(吉祥寺)、蘆花恒春園(芦花公園)、大國魂神社(府中)、東京競馬場(府中競馬正門前)、味の素スタジアム(飛田給)、京王百草園(百草園)、高幡不動尊(高幡不動)、京王れーるランド・多摩動物公園(多摩動物公園)、多摩森林科学園(高尾)、高尾山(高尾山口)、京王フローラルガーデン アンジェ(京王多摩川)、サンリオピューロランド・パルテノン多摩・多摩中央公園・ベネッセ・スター・ドーム・東京都埋蔵文化財センター(京王多摩センター)、三井アウトレットパーク多摩南大沢(南大沢)など多数。
発売場所 京王線・井の頭線の各駅自動券売機
公式サイト 京王電鉄
情報は変更されている場合があります。ご利用の際には公式サイト等で確認してください。
[スポンサード リンク]
1日乗車券
東京フリーきっぷ
都区内パス
都営地下鉄・東京メトロ共通一日券
Tokyo Subway Ticket
東京メトロ24時間券東京メトロ一日乗車券
東京メトロPASMO1日乗車券
私鉄東京メトロパス
都営まるごときっぷ
TOKYO探索きっぷ
都電一日乗車券
都バス一日乗車券
都営地下鉄「季節」のワンデーパス
りんかい線1日乗車券
ゆりかもめ1日乗車券
お台場‐有明快遊パス
東京モノレール沿線お散歩1dayパス
東急ワンデーパス
東急線・東急バス一日乗り放題パス
東急線トライアングルパス
世田谷線散策きっぷ
京王線・井の頭線一日乗車券
小田急線1日全線フリー乗車券
下町日和きっぷ
多摩モノレール1日乗車券
みなとみらい線一日乗車券
みなとみらい線接続乗車券
ヨコハマ・みなとみらいパス
横浜1DAYきっぷ
横浜市営地下鉄一日乗車券
横浜市営バス・地下鉄一日乗車券
みなとぶらりチケット
みなとぶらりチケットワイド
相鉄・鉄道全線1日乗車券
シーサイドライン1日乗車券
湘南モノレール1日フリーきっぷ
江ノ電のりおりくん
鎌倉・江ノ島パス
江の島・鎌倉フリーパス
鎌倉フリー環境手形
三浦半島1DAYきっぷ
トコトコきっぷ
リゾートライン1日フリーきっぷ
ホリデーフリーきっぷ
北総線1日乗車券
銚子1日旅人パス
房総1日乗車券
サンキューちばフリーパス
SR1日乗車券
ニューシャトル1日フリー乗車券
東上線1日フリー乗車券
東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルート乗車券
秩父路遊々フリーきっぷ
長瀞おさんぽきっぷ
西武鉄道スタンプラリー1日フリーきっぷ
埼玉県民の日記念フリー乗車券
TX!1日乗り放題きっぷ
ときわ路パス
休日おでかけパス
のんびりホリデーSuicaパス
ぐんまワンデー世界遺産パス
青春18きっぷ
料金・メリット・類似乗車券との比較・留意点・注意事項などの解説および沿線観光スポット情報